ページの先頭です

管理職員特別勤務手当支給要綱

2016年12月27日

ページ番号:384720

(趣旨)

第1条 大阪市水道局企業職員給与規程(昭和42年大阪市水道事業管理規程第2号。以下「規程」という。)第27条の3の規定による管理職員特別勤務手当の支給については、別に定めるもののほか、この要綱の定めるところによる。

(手当額)

第2条 規程第27条の3第1項第1号の局長が別に定める額は、次の各号に掲げる職員の区分に応じ、当該各号に定める額とする。

 (1) 大阪市水道事業企業職員の管理職手当に関する規程(平成17年大阪市水道事業管理規程第33号)別表の区分欄に掲げる区分(以下「管理職手当区分」という。)が1種である職にある職員及び大阪市水道局任期付企業職員の給与の特例に関する規程(平成17年大阪市水道事業管理規程7号)第2条第1項の給料表(以下「任期付職員給料表」という。)の6号給又は7号給を受ける職員 12,000円

 (2) 管理職手当区分が2種甲又は2種乙である職にある職員及び任期付職員給料表の5号給を受ける職員 10,000円

 (3) 管理職手当区分が3種甲又は3種乙である職にある職員及び任期付職員給料表の3号給又は4号給を受ける職員 8,500円

 (4)任期付職員給料表の1号給又は2号給を受ける職員 7,000円

2 規程第27条の3第1項第1号の局長が別に定める勤務は、勤務に従事した時間が6時間を超える場合の勤務とする。

第2条の2 規程第27条の3第1項第2号の局長が定める額は、次の各号に掲げる職員の区分に応じ、当該各号に定める額とする。

 (1)     管理職手当区分が1種である職にある職員 6,000円

 (2)     管理職手当区分が2種甲又は2種乙である職にある職員 5,000円

 (3)     管理職手当区分が3種甲又は3種乙である職にある職員 4,300円

2 企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和41年大阪市条例第62号)第11条の2第1項の勤務をした後、引き続いて同条第2項の勤務をした職員には、その引き続く勤務に係る同項の規定による管理職員特別勤務手当を支給しない。

(手当の減額等)

第3条 勤務成績が著しく不良である職員については、管理職員特別勤務手当を減額し、又は支給しないことがある。

(施行の細目)

第4条 この要綱の施行について必要な事項は、職員課長が定める。


    附 則

 この規定は、平成27年4月1日から施行する。

    附 則

 この規定は、平成28年4月1日から施行する。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局総務部職員課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5420

ファックス:06-6616-5449

メール送信フォーム