ページの先頭です

事業者選定プロセスに係る水道局の基本的な考え方について

2020年4月15日

ページ番号:500874

 大阪市水道局では、これまで「大阪市水道PFI管路更新事業」及び「大阪市工業用水道特定運営事業」の検討にあたり、平成30年に実施したマーケットサウンディングをはじめ、民間事業者の皆さまへのヒアリング等を通じてご意見を伺いながら制度設計を進めてきました。

 このたび、民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(平成11年法律第117号)に基づく、両事業に関する実施方針条例案がそれぞれ市会で可決され、実施方針及び要求水準書(案)等を公表(上水及び工水)したことから、両事業については、制度設計の段階から民間事業者の公募・選定手続きの段階へと本格的に移っていくこととなりました。

 民間事業者の公募・選定にあたっては、プロセスの公平性・公正性を確保する観点から、水道局は、令和2年4月1日(水曜日)に「大阪市水道局運営権制度活用事業の公募・選定期間中における民間事業者との対応等指針」を公表し、両事業の公募・選定に携わる水道局職員と民間事業者の皆さまとの意見交換・面会に関するルールとして運用を開始しているところですが、本事業を担っていただく民間事業者は、本市の重要なパートナーでありますことから、本事業への参画を検討される民間事業者の皆さまと水道局との対話等については、引き続き丁寧に進めてまいります。

実施方針等に関する説明会等の取扱いについて

 水道局と民間事業者の皆さまとの最初の対話の場として、令和2年4月末頃を目途に実施方針等の公表に伴う説明会の開催を予定していましたが、この間の新型コロナウイルス感染拡大防止に係る全体的な状況、とりわけ令和2年4月7日(火曜日)に、大阪府を含めた7都府県を対象とした「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が国から発令されたことを踏まえ、やむを得ず通常の形式での開催は見合わせることとしました。 

  これに代わる対応としては、インターネット等を活用した情報発信等により、本事業の概要や今後の予定、水道局の考え方等の内容について、充実を図りながらお伝えしていきたいと考えており、詳細については、決まり次第、水道局のホームページでお知らせします。

  今後も次のとおり、検討の各段階に応じた、質の高いコミュニケーションを図っていきたいと考えていますので、ご理解とご協力をお願いします。

ステップ1 実施方針の公表(令和2年4月)

 対象:本事業に関心のある全ての民間事業者

 方法:インターネットを活用した情報発信(注)、書面による質問受付、基礎的な情報開示

 (注)希望者を対象に、事業の概要等を説明する動画の配信を予定しています。準備が整い次第、水道局のホームページでお知らせします。

  • 令和2年4月中旬:申込方法・配信方法等の詳細をホームページ公表
  • 令和2年4月下旬:動画配信

ステップ2 情報の開示(令和2年6月予定)

 対象:本事業への事業提案を検討されている民間事業者(関心表明書、守秘義務誓約書を提出された企業)

 方法:今後の事業提案に必要と思われる詳細情報の開示、書面による質問・回答(回答は情報開示を受けた民間事業者に提供)

ステップ3 募集要項等の公表以降(令和2年10月~優先交渉権者決定まで)

 説明会の実施及び書面による質問の受付

 その後、「競争的対話」の実施

 対象:資格審査を通過されたコンソーシアム(企業グループ)

 方法:正規の手続きによる個別の対話を実施

 今後の予定については、想定スケジュール(上水)または想定スケジュール(工水)をご参照ください。具体的なスケジュールについては、詳細が決まり次第、水道局のホームページでお知らせします。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局総務部経営改革課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5412

ファックス:06-6616-5409

メール送信フォーム