ページの先頭です
メニューの終端です。

2021年11月号

2022年7月15日

ページ番号:571857

子どもたちの笑顔が輝くまち ~児童虐待防止に向けた区と地域の取組~

しつけと称して子どもを叩く、暴言を吐くなど、親にはそのつもりがなくても、子どもにとって不適切な行為は児童虐待に当たります。児童虐待は子どものその後の人生に大きな影響を与え、生涯にわたって悩みや苦しみを与える重篤な人権侵害であり、社会全体で解決すべき重要な課題です。

 とはいえ、お子さんに発達の遅れがあったり、経済的に困窮していたり、様々な事情でご家族等も苦しんでいる場合があるでしょう。大正区では「初めて親になった年齢」が26歳以下の方が45%を超え、比較的若くして親になられた方が多く、経験不足や孤立感から悩んでいる方もいるはずです。

 大正区役所では、妊娠期や出産後の健診に始まり、4歳児訪問、就学前から小中学生まで続く「こどもサポートネット」などを通じ、担当者が家庭のお困りごとに寄り添い、切れ目のない支援を行う体制を整えています。さらに要保護児童対策地域協議会(要対協)等で関係機関が連携し、虐待の早期発見、支援方法の検討等を行っています。また、地域においては、子どもたちの見守り活動を通じたサポートを頂いております。子育てに迷ったときには、いつでも区や地域の子育て支援機関にご相談ください。

 未来を担う大切な子どもたち。子どもの笑顔が輝く大正であり続けるため、児童虐待防止の観点からも、引き続き区民の皆さまのお力をお貸しください。しつけと称して子どもを叩く、暴言を吐くなど、親にはそのつもりがなくても、子どもにとって不適切な行為は児童虐待に当たります。児童虐待は子どものその後の人生に大きな影響を与え、生涯にわたって悩みや苦しみを与える重篤な人権侵害であり、社会全体で解決すべき重要な課題です。

 とはいえ、お子さんに発達の遅れがあったり、経済的に困窮していたり、様々な事情でご家族等も苦しんでいる場合があるでしょう。大正区では「初めて親になった年齢」が26歳以下の方が45%を超え、比較的若くして親になられた方が多く、経験不足や孤立感から悩んでいる方もいるはずです。

 大正区役所では、妊娠期や出産後の健診に始まり、4歳児訪問、就学前から小中学生まで続く「こどもサポートネット」などを通じ、担当者が家庭のお困りごとに寄り添い、切れ目のない支援を行う体制を整えています。さらに要保護児童対策地域協議会(要対協)等で関係機関が連携し、虐待の早期発見、支援方法の検討等を行っています。また、地域においては、子どもたちの見守り活動を通じたサポートを頂いております。子育てに迷ったときには、いつでも区や地域の子育て支援機関にご相談ください。

 未来を担う大切な子どもたち。子どもの笑顔が輝く大正であり続けるため、児童虐待防止の観点からも、引き続き区民の皆さまのお力をお貸しください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市大正区役所 総務課

〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所5階)

電話:06-4394-9625

ファックス:06-6553-1981

メール送信フォーム