ページの先頭です

総合特区について

2017年7月4日

ページ番号:323045

総合特区とは

 総合特区は、産業構造及び国際的な競争条件の変化、急速な少子高齢化の進展等の経済社会情勢の変化に対応して、産業の国際競争力の強化及び地域の活性化に関する施策を総合的かつ集中的に推進することにより、経済社会の活力の向上及び持続的な発展を図るものです。

 総合特区には、経済成長のエンジンとなる産業・機能の集積拠点の形成に資する「国際戦略総合特区」、地域資源を最大限活用した地域活性化の取組みにより地域力向上に資する「地域活性化総合特区」の2種類があります。

 関西(大阪府・京都府・兵庫県・大阪市・京都市・神戸市の6府県市)では、平成23年12月に、「関西イノベーション国際戦略総合特区」として「国際戦略総合特区」の区域指定を受けています。大阪市域では「大阪駅周辺地区」や「夢洲・咲洲地区」、「阪神港地区」が指定を受けており、総合特区制度の特定国際戦略事業を実施しています。

 ※制度の概要はこちら別ウィンドウで開く(内閣府地方創生推進事務局ホームページ)

 ※法令等についてはこちら別ウィンドウで開く(内閣府地方創生推進事務局ホームページ)

大阪市における主な総合特区の区域

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

総合特区における国・地方の支援について

 総合特区では、国における規制の特例措置や税制・金融・財政上の支援措置のほか、大阪市・大阪府において「地方税ゼロ」を実施し、特定国際戦略事業を推進しています。

国の支援について(規制の特例措置、税制・金融・財政上の支援措置)

  • 国における規制の特例措置や税制・財政上の支援措置はこちら別ウィンドウで開くをご覧ください。(内閣府地方創生推進事務局ホームページ)
  • 国における金融上の支援措置はこちら別ウィンドウで開くをご覧ください。(内閣府地方創生推進事務局ホームページ)

大阪市・大阪府の支援について(地方税の課税の特例)

 大阪市・大阪府では、総合特区の特定国際戦略事業を推進するため、地方税(市税・府税)を最大ゼロにする課税の特例制度を設けています。

  • 大阪市における地方税の課税の特例の内容はこちらをご覧ください。
  • 大阪府における地方税の課税の特例の内容はこちら別ウィンドウで開くをご覧ください。(大阪府ホームページ)

関西イノベーション国際戦略総合特区の取組みについて

区域計画

 関西イノベーション国際戦略総合特区では、51プロジェクト93案件の区域計画が認定されています。

 ※総合特区の区域計画の認定経過はこちら別ウィンドウで開くをご覧ください。(内閣府地方創生推進事務局ホームページ)

大阪市域の総合特区の主な取組みについて

 大阪市の総合特区では、次のとおり6プロジェクト13案件の区域計画が認定されています。

大阪市の認定プロジェクト

施策プロセスの見える化(施策カルテ)

 「施策プロセスの見える化(施策カルテ)」とは、各所属で実施している施策について、施策の発端(きっかけ)から決定・実行までのプロセスを公表することで、市民の信頼を確保し、市政運営の透明性の向上を図るものです。

 総合特区の施策カルテは、「関西イノベーション国際戦略総合特区」をご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

経済戦略局 立地交流推進部 立地推進担当
電話: 06‐6615‐3764 ファックス: 06‐6615‐7433
住所: 〒559-0034 大阪市住之江区南港北2‐1‐10  ATCビル ITM棟 4階 M-4