ページの先頭です

旅館業営業者の皆様へ ~宿泊者名簿への記載事項について~

2018年5月15日

ページ番号:6422

 

 旅館業法施行規則の改正に伴い、平成17年4月1日からは、これまでの宿泊者名簿に記載すべき事項(宿泊者の氏名・住所・職業)に加えて、宿泊者が外国人の場合には、その国籍及び旅券番号の記載が義務づけられましたので、法令順守にご留意願います。

 

宿泊者名簿に記載すべき事項(旅館業法第6条、施行規則第4条の2)

  1. 宿泊者の氏名
  2. 宿泊者の住所
  3. 宿泊者の職業
  4. 宿泊者が日本国内に住所を有しない外国人であるときは、その国籍及び旅券番号※

※ 正確を期するため、旅券の呈示を求め、写しを保存すること。なお、写しについては、宿泊者名簿の氏名、国籍、旅券番号の記載に替えることができます。

 

関係通知

ダウンロードファイル(厚生労働省通知)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

厚生労働省リンク(外国語)

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局健康推進部生活衛生課環境衛生グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9981

ファックス:06-6202-6967

メール送信フォーム