ページの先頭です

献血にご協力ください

2017年2月9日

ページ番号:371507

内容

献血は身近にできるボランティアです。 皆様の温かいご協力をよろしくお願いいたします。

大阪市内では常時献血を行なえる場所として、日本赤十字社大阪府赤十字血液センターが開設している献血ルーム別ウィンドウで開くがございます。

また、大阪市においては、市役所付近において年2回程度献血車による献血を実施しています。

実施場所・定員

実施場所:大阪市役所付近(実施日が確定次第正確な場所をお知らせします。)

定員:なし

実施日

現在実施予定はありません。(実施日が確定次第お知らせします。)

対象者

対象は18~69歳の方となります。

(男性に限り、17歳も可。65歳以上は60~64歳に献血経験があること)

申請できる人・申請方法・申請期日・申請窓口

申し込みは必要ありません。直接会場にお越しください。

利用料(費用)

無料

持ち物・申請書類・記入例

  1. 献血カードまたは献血手帳

※初めて献血される方は、本人確認できるものをお持ちください。

実施報告

平成29年1月6日(金曜日)大阪市本庁舎正面玄関前、平成29年1月11日(水曜日)大阪府咲洲庁舎正面玄関1Fロビーにおいて献血車による献血を実施しました。

ご協力ありがとうございました。

年間のイベント案内

7月は「愛の血液助け合い運動」月間です

日本では、輸血用血液製剤を献血で国内自給するため、16歳以上の健康な方に献血へのご協力をお願いしています。近年は少子高齢化を背景に輸血用血液の需要が増えている一方、若年層の献血者数が減っており、安定的に輸血用血液を確保することがむずかしくなっています。7月は「愛の血液助け合い運動」月間です。献血者数が特に減少する季節です。幅広い方々からの献血へのご協力をお願いします。

12月は「献血推進月間」です

毎年寒い時期になると、風邪をひくなど体調をくずしやすいため献血にご協力いただける方が少なくなり、血液が不足がちとなっています。医療技術が進歩した現在においても、血液を人工的につくりだすことは難しく、その不足は輸血を待つ方々に大きく影響します。このことから、大阪府では特に12月を「献血推進月間」と定め、献血の重要性を理解し協力いただくとともに、安定した輸血用血液の確保に向けて取り組んでいます。

「はたちの献血」キャンペーン

冬の季節は、体調を崩す方が多く、献血者は減少しがちです。
そこで、新たに成人式を迎える「はたち」の若者を中心に、広く国民各層に献血に関する理解と協力を求めるとともに、特に成分献血、400mL献血の継続的な推進を図ることを目的に、毎年1月~2月に実施しています。

年間イベントに関するお問い合わせ先

日本赤十字社 大阪府赤十字血液センター別ウィンドウで開く
〒536-8505
大阪市城東区森之宮2-4-43
電話:06-6962-7001(代表)  ファックス:06-6968-4900

関連リンク先

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局大阪市保健所感染症対策課感染症グループ

住所:〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1000号(あべのメディックス11階)

電話:06-6647-0656

ファックス:06-6647-1029

メール送信フォーム