ページの先頭です

結核児童療育医療給付

2017年12月28日

ページ番号:371518

内容

結核にかかっており、入院を必要とする児童に対して、その治療に必要な医療費を負担したり、また、学習用品や日用品の支給を行う制度です。

ただし、指定療育機関での治療に限られます。また、世帯の所得税額に応じて、自己負担金が生じます。

対象者

大阪市内に居住する18歳未満の児童で、結核にかかっている方のうち、その治療のため医師が長期の入院が必要と認めた方

 ※なお、療育給付の適用を受けようとする方は、あらかじめ感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の医療給付の承認が必要です。

支給内容

 ● 指定医療機関における入院医療

  ※健康保険を適用して治療した場合の自己負担額が助成されますが、世帯の所得税額に応じて費用の一部を負担していただきます。

  ※指定療育機関で行う結核の治療のうち、次のものが対象となります。

    1.診察

    2.薬剤又は治療材料の支給

    3.医学的処置、手術及びその他の治療並びに施術

    4.病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護

    5.移送

   ※4のうち、食事療養費の一部も市で負担します。

 ● 療養生活に必要な日用品及び学用品の給付

指定医療機関

     ・大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター

申請できる人・申請方法・申請期日・申請窓口

対象となる児童の保護者の方が必要なものをお持ちになり、お住いの区の保健福祉センターへ提出してください。

申請書類

  1. 療育給付申請書
  2. 療育意見書
  3. 世帯調書
  4. 所得税額を証明する書類

   (源泉徴収票、市民税・府民税証明書等。詳しくはお問い合わせください。)

マイナンバー(個人番号)の記入と確認書類の提示について

平成28年1月1日から、マイナンバー(個人番号)の利用開始に伴い、申請書等へのマイナンバーの記入や申請者のマイナンバーや身元を確認する書類の提示が必要となります。

確認に必要な書類は、次のとおりです。

申請者(未熟児が加入する医療保険の被保険者)のマイナンバー(個人番号)の確認と本人確認に必要なもの

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

健康局 大阪市保健所 管理課 保健事業グループ
電話: 06-6647-0650 ファックス: 06-6647-0803
住所: 〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1000号(あべのメディックス10階)