ページの先頭です

九之助橋(くのすけばし)

2018年4月3日

ページ番号:22228

諸元・アクセス

九之助橋写真

橋長:34.28m
幅員:11.5m
形式:アーチ橋(2ヒンジアーチ)
完成:昭和2年
行政区:中央区
河川名:東横堀川
アクセス:OsakaMetro長堀鶴見緑地線 松屋町駅 
      4番出口 およそ250m 徒歩4分
      大阪シティバス「松屋町」「瓦屋町二丁目」

歴史・文化

 九之助橋は江戸時代初期には既に架けられていた。橋の西側は九之助町で、このあたりには銅吹所を始め、鋳物屋、鍛冶屋などが多く、工業の町という印象が強かった。町名や橋名の九之助は関係者の人名につながるようだが、その由来は不明である。町橋であったため、橋筋の町を中心に町々からの醵出金によって維持されてきた。

 九之助橋は大正15年、第1次都市計画事業で、鋼アーチ橋になった。東横堀川にはアーチ橋が多いが、鋼製とコンクリート製がほぼ交互に並んでいる。これは偶然ではなく、設計担当の意志が働いていたと考えられる。

 

→顕彰碑のページはこちら

橋名一覧 広域地図 市街地図 橋のお知らせ 橋のメニュー

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部橋梁課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06‐6615‐6818

ファックス:06-6615‐6582

メール送信フォーム