ページの先頭です

端建蔵橋(はたてくらばし)

2018年4月3日

ページ番号:23862

諸元・アクセス

端建蔵橋写真

橋長:111.95m
幅員:24.00m
形式:桁橋
完成:大正10年(昭和38年嵩上げ)
行政区:北区、西区
河川名:土佐堀川
アクセス:OsakaMetro中央線・千日前線 
      阿波座駅 10番出口 
      およそ600m 徒歩10分
      大阪シティバス「船津橋」
      「川口一丁目」

歴史・文化

 江戸時代の中之島には各藩の蔵屋敷が建ち並んでいた。中之島の西端にも蔵が建てられていたため、端建蔵という地名が生まれたとされている。

 この地に橋が架けられたのは明治になってからのことである。明治18年の大洪水によって中之島周辺の橋は大きな被害を受けたが、端建蔵橋は橋脚が鉄柱でつくられていたためか、かろうじて残った。

 端建蔵橋は明治42年に市電の九条中之島線の開通時に架け替えられ、鋼桁橋になった。その後、大正10年に架け替えられたとされるが、詳細は不明である。

 戦後、西大阪一帯は地盤沈下が大きく、堤防の嵩上げとともに橋の嵩上げ工事が次々に行われた。端建蔵橋は昭和38年に、橋面を約2m持ち上げ、橋体を軽くするためコンクリートの床版を鋼床版に換えられ、同時に耐震性を増すために補助の橋台が造られた。

 

橋名一覧 広域地図 市街地図 橋のお知らせ 橋のメニュー

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部橋梁課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06‐6615‐6818

ファックス:06-6615‐6582

メール送信フォーム