ページの先頭です

無煙ロースター

2017年2月21日

ページ番号:288475

無煙ロースターの出火防止対策について


無煙ロースターをお使いの焼き肉店の皆さんへ、火災を防ぎ、安全に使用していただくために!

焼き肉店の火災が後を絶ちません!

最近、焼き肉店では煙が少なく、衣服等に臭いが付かない、店内もクリーンに保たれる等の理由から、無煙ロースターを設置するのが常識化しています。このような状況の中、下引きダクト方式の無煙ロースター(正式には「下方排気方式ガス焼肉等用機器」と呼ぶ)から出火する火災が発生しています。

火災件数の推移

大阪市内において無煙ロースターから出火した火災件数
 平成18年平成19年 平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 
 火災件数 5 410  7

火災を予防するためには、どうしたら良いの?

  1. 無煙ロースターの部品(特に防火ダンパ)は日常的に点検・清掃を行い、床下のダクトについても、定期的にメーカー等に洗浄を依頼すること。
  2. 排気ダクトの熱により付近にある可燃性の建築部材が着火すること防ぐために、ダクトと可燃性の部分等との間隔を10センチメートル以上確保するか、ダクトを不燃材料(厚さ5センチメートル以上の金属以外の不燃材料)で被覆すること。
  3. 店舗を新たに開店又は改装する場合は、所轄の消防署に事前に相談すること。
火災予防のポイントは、定期的な清掃と離隔距離の確保です

それだけで火災は防げるの?

それでは出火のメカニズムについて説明します。

調査の結果、無煙ロースター火災では次のような共通する要因があることが分かっています。

  • 無煙ロースターで飲食中、焼き網上の肉に着火し、炎が吸気取入口から吸引されるのを認めた後、火災が発生している。
  • 無煙ロースター下部の防火ダンパが取り付けられていないか、あるいは取り付けられているものの意図的にクリップ留めされていたり、清掃不足により油脂でダンパが固着しているため、正常に閉鎖していない。 

閉鎖しないようにテープ留めされた防火ダンパ

油脂で固着して閉鎖しない防火ダンパ

清掃不足により、油脂で固着して閉鎖しない防火ダンパ

  • 床下に設置された排気ダクト内部の清掃を長期間実施していない。
排気ダクト内が長期間洗浄されていないため、油脂が堆積した状況
  • 火災予防条例に規定されている排気ダクトと可燃物との離隔距離が確保されておらず、さらに不燃材による被覆が施されていない。
  • 火災予防条例に違反し離隔距離が不足しているため、火災になった事例
    無煙ロースターの構造図

    このような状況から次のように出火に至ったと推察します。

    (1)飲食中に焼き網上の肉に着火

    (2)焼き肉の炎が吸気口から吸引され、ロースター内部 (内箱と飾り枠との間隙)の油脂に着火
     
    (3)ロースター内部の油脂が燃焼し、高温となっているにも関わらず、何らかの原因で防火ダンパが作動しないために、排気ダクト内に炎が進入

    (4)排気ダクト内に堆積している油脂に着火し、ダクト内部が燃焼

    (5)高温となったダクトと近接する可燃物との離隔距離が不足しているために、ダクトの輻射熱により床材等が発火し延焼

    再現実験をしました

    燃焼実験写真 防火ダンパ不作動によりダクト内が燃焼中

    実況状況1

    燃焼実験写真 離隔距離及び不燃材料による被覆が施されていないため床材が燃焼中

    実験状況2

    • 防火ダンパの清掃の重要性(動画)

      防火ダンパの清掃が不足しているために、ダンパが油脂で固着してしまい、その結果、正常に閉鎖せず、ダクト内に炎が進入するようすを再現しています。

    • 排気ダクト内の清掃の重要性(動画)

      床下の排気ダクトの清掃を行っていないために、防火ダンパが閉鎖する以前にダクト内に堆積した油脂に着火し、ダクト内が燃焼してしまう様子を再現しています。

    • 離隔距離及び不燃材料による被覆の重要性(動画)

      排気ダクトと可燃物との離隔距離が不足していたり、ダクトが不燃材で被覆されていないために、高温となったダクトの輻射熱により周囲の可燃物が発火する様子を再現しています。

    大阪市火災予防条例には次のように定められています (抜粋)

    第3条の4

     第1項

     ア 排気ダクト等は、ステンレス鋼板、亜鉛鉄板又はこれらと同等以上の強度、耐食性及び耐熱性を有する不燃材料で造ること。

     ウ 排気ダクト等は、建築物等の可燃性の部分及び可燃性の物品との間に10センチメートル以上の距離を保つこと。ただし、厚さ5センチメートル以上の金属以外の不燃材料で被覆する部分については、この限りでない。

     ※  大阪市内では、厚さ5センチメートル以上の金属以外の不燃材料と同等以上の性能のあるものとして、厚さ2センチメートルの特殊な不燃材料の使用も可能です。詳しくはお近くの消防署までお問い合わせください。

     第4項 

      排気ダクト等、火炎伝送防止装置及びグリス除去装置の油脂等の清掃を行い、火災予防上支障のないように維持管理すること。

    火災予防の啓発チラシを作成しました

    火災予防啓発チラシ

    離隔距離の確保と定期的な清掃で、火災を予防し、大切なお店を守りましょう!

    SNSリンクは別ウィンドウで開きます

    • Facebookでシェア
    • twitterでツイートする

    探している情報が見つからない

    このページの作成者・問合せ先

    消防局 予防部 予防課(調査鑑識)
    電話: 06-4393-6555  ファックス: 06-4393-4580
    住所: 〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号(3階)
    ※月曜日から金曜日の9時00分から17時30分まで
    (土曜日、日曜日、祝日及び12月29日から翌年1月3日までは除く)
    メール送信フォーム

    このページへの別ルート

    表示