ページの先頭です
メニューの終端です。

大阪市役所本庁舎における災害等発生時の館内放送について

[2016年5月19日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市役所本庁舎における災害等発生時の館内放送

 大阪市役所本庁舎では、災害等発生時の館内放送内容に「やさしい日本語」を取り入れています。

「やさしい日本語」を放送内容に取り入れる目的

 大阪市役所本庁舎では、万が一、災害などが発生した場合、館内放送等により被害の状況や、避難の方法をお知らせすることとしています。

 その中で、子どもや障がい者、外国人などにも伝わりやすい「やさしい日本語」を用いた放送内容を流すことにより、一人でも多くの方が、迅速かつ安全に行動ができるよう実施するもので、災害等による人的被害を最小限に抑えることを目的としています。

災害発生時の放送内容

 大阪市役所本庁舎では、災害発生時(火災のみ)には、まず、事前に録音したものを手動で流すのではなく、自動音声による非常放送が流れます。

 火災や震災など、災害等の発生原因や発生箇所等の状況を確認したうえで、次に掲載している例文をもとに、その場の状況に応じた放送を行います。

館内放送内容例文(火災の時)

【火災報知器が作動した場合】

気をつけてください。

火事を知らせるベルが鳴っています。

今はエレベーターを使わないでください。

火事について新しいお知らせがあるときはすぐにお知らせします。

放送をよく聞いてください。

 

 【火災が発生した場合】

火事です。〇階の△△が火事です。

各階の真ん中の2カ所の階段と各階4カ所ある階段で建物の外へ逃げてください。

近くの階段で建物の外へ逃げてください。

エレベーターは使えません。

体を低くして逃げてください。

タオルやハンカチで口をおさえて逃げてください。

押し合わず逃げてください。

職員はご来庁者の方が安全に避難できるよう行動してください。

 

【火災報知器が誤作動だった場合】

安心してください。

火事を知らせるベルは間違いでした。

エレベーターも使うことができます。

火事はありません。

館内放送内容例文(地震の時)

【地震が発生した場合】

地震です。

頭を守ってください。

建物の安全を調べています。

エレベーターは使えません。

また揺れるかもしれません。気をつけてください。

安全なところへ逃げてください。


【至急避難が必要な場合】

〇時〇分ごろ、△△で地震がありました。大阪市内は震度〇です。

建物が壊れるかもしれません。

各階の真ん中の2カ所の階段と各階4カ所ある階段で建物の外へ逃げてください。

近くの階段で建物の外へ逃げてください。

エレベーターは使えません。

押し合わず逃げてください。

職員はご来庁者の方が安全に避難できるよう行動してください。


【建物・設備に影響がなかった場合】

〇時〇分ごろ、△△で地震がありました。大阪市内は震度〇です。

地震がありましたが建物は大丈夫です。

エレベーターは使うことができます。

また揺れるかもしれません。

気をつけてください。

館内放送内容例文(爆破予告等の時)

【爆破等の予告があった場合:事前周知】

今日の△時△分にこの建物で爆発があるかもしれません。

今、警察が調べています。

各階の真ん中の2カ所の階段と各階4カ所ある階段で建物の外へ逃げてください。

近くの階段で建物の外へ逃げてください。

押し合わず逃げてください。

職員はご来庁者の方が安全に避難できるよう行動してください。


【爆破等が発生した場合】

この建物で爆発がありました。

今すぐこの建物から逃げてください。 

今、警察が調べています。

各階の真ん中の2カ所の階段と各階4カ所ある階段で建物の外へ逃げてください。

押し合わず逃げてください。

職員はご来庁者の方が安全に避難できるよう行動してください。


参考

このページの作成者・問合せ先

総務局 行政部 総務課 庁舎管理グループ
電話: 06-6208-8444 ファックス: 06-6229-1260
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

メール送信フォーム

[ページの先頭へ戻る]