ページの先頭です

老人福祉法に基づく居宅生活支援事業等の届出について

2019年5月1日

ページ番号:4494

届出が必要なサービス

 介護保険法のサービスのうち、次のサービス提供を開始する場合は、老人福祉法の適用を受けることになりますので、「老人居宅生活支援事業開始届」等の提出が必要となります。提出については、次に示している様式にて届け出を行ってください。

居宅サービス

  • (介護予防)訪問介護
  • (介護予防)通所介護
  • (介護予防)短期入所生活介護

地域密着型サービス

  • (介護予防)認知症対応型共同生活介護
  • (介護予防)認知症対応型通所介護
  • (介護予防)小規模多機能型居宅介護
  • 夜間対応型訪問介護
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  • 看護小規模多機能型居宅介護
  • 地域密着型通所介護
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護
  • 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

提出書類

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

変更及び廃止・休止の届出

届け出た事業内容を変更する場合や、事業を廃止・休止する場合はそれぞれ届出が必要です。

記入例

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局高齢者施策部介護保険課指定・指導グループ

住所:〒541-0055 大阪市中央区船場中央3-1-7-331(船場センタービル7号館3階)

電話:06-6241-6310

ファックス:06-6241-6608

メール送信フォーム