ページの先頭です

老齢基礎年金

2020年4月1日

ページ番号:369594

概要・内容

老齢基礎年金は、以下の受給資格期間を満たした人が、原則として65歳になったときから受けることができる年金です。


受給資格期間

次の期間を合計して、10年(120か月)以上あれば年金を受けとることができます。

  • 国民年金の保険料を納めた期間(第3号被保険者であった期間を含む)
  • 国民年金の保険料を免除又は猶予されていた期間
  • 厚生年金保険や共済組合への加入期間
  • 合算対象期間(カラ期間)として認められる期間

合算対象期間(カラ期間)

  • 昭和36年4月から昭和61年3月までの間で、厚生年金などの被用者年金に加入している方の配偶者で、国民年金に任意加入しなかった期間  
  • 昭和36年4月から平成3年3月までの間で、昼間部の学生で国民年金に任意加入しなかった期間
  • 昭和36年4月以降で、厚生年金等から脱退手当金を受給した期間
  • 昭和36年4月以降、海外に住んでいた期間  

  などがあります。

繰上げ受給

希望すれば、60歳から64歳までの間に繰上げて年金を受けることができます。
ただし、請求時の年齢に応じて、一定の割合で減額された年金額が、生涯にわたって支給されます。
なお、昭和16年4月2日以降に生まれた方については、月単位で減額率が変わります。

※繰上げ受給には、いくつかの注意点がありますので、希望される場合は、事前にご相談ください。

繰下げ受給

希望すれば、66歳から70歳までの間に繰下げて年金を受け取ることができます。
ただし、請求時の年齢に応じて、一定の割合で増額された年金額が、生涯にわたって支給されます。
なお、昭和16年4月2日以降に生まれた方については、月単位で増額率が変わります。

※繰下げ受給には、いくつかの注意点がありますので、希望される場合は、事前にご相談ください。

支給内容

令和2年度の年金額

20歳から60歳になるまでの40年間すべての期間の保険料を納付された方は、65歳から満額の老齢基礎年金781,700円が支給されます。

40年のうち、保険料を納めた期間が加入可能年数に満たない場合は、次の計算式によって年金額を算出します。

781,700円×〔保険料納付月数+(保険料全額免除月数×8分の4)+(保険料4分の1納付月数×8分の5)+(保険料半額納付月数×8分の6)+(保険料4分の3納付月数×8分の7)〕/(加入可能年数×12月)

※平成21年3月分までの免除期間については、全額免除は6分の2、4分の1納付は6分の3、半額納付は6分の4、4分の3納付は6分の5にて、それぞれ計算されます。

※付加保険料を納めた方は、納めた月数×200円が上乗せされて支給されます。

窓口・お問合せ先

必要書類をお持ちになり、お住まいの区の区役所保険年金業務担当窓口でお手続きください。

※第2号被保険者および第3号被保険者等の期間のある方は、お近くの年金事務所にお問い合わせください。

必要書類等

必要書類等については、日本年金機構ホームページ別ウィンドウで開くをご参照ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

福祉局 生活福祉部 保険年金課 管理グループ
電話: 06-6208-7977 ファックス: 06-6202-4156
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

メール送信フォーム