ページの先頭です

障がい基礎年金

2020年4月1日

ページ番号:369599

概要・内容

障がい基礎年金は、国民年金に加入中、または老齢基礎年金を受けるまでの60歳から65歳未満の間に初診日(病気やケガで初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日)がある方が、病気やケガで国民年金の障がい等級1級または2級に該当する障がいの状態になった場合に支給されます。
障がいの状態が2級以上に該当していない場合であっても、65歳に達する日の前日までの間に2級以上の障がいの状態に該当したときは、障がい基礎年金を請求することができます。

支給要件

保険料納付要件

国民年金の障がい等級1級または2級に該当する場合でも、次の保険料納付要件が満たされていないときは支給されません。

  • 初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の3分の2以上の期間について、保険料が納付または免除されていること
  • 平成38年3月31日までに初診日がある場合で、初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間が納付または免除されていること

20歳前の障がい

20歳前に初診日がある場合、20歳になったとき(障がい認定日が20歳以降のときは障がい認定日)に国民年金の障がい等級1級又は2級に該当する障がいの状態であれば、障がい基礎年金が支給されます。
※20歳になる前のケガや病気で障がいの状態になった場合については、保険料納付要件は問いませんが、年金受給者本人の所得が一定以上となった場合、全額または2分の1が支給停止となります。

支給内容

令和2年度の年金額

  • 1級 年額 977,125円
  • 2級 年額 781,700円

障がい基礎年金を受けられる方に生計を維持する子(「18歳に達する日が属する年度末までの間の子」または「国民年金の障がい等級1級または2級に該当する20歳未満の子」)がいる場合、次の金額が加算されます。

  • 子1人:224,900円
  • 子2人:449,800円
    (3人目以降は子1人につき75,000円の加算)

※障がい認定基準については日本年金機構ホームページ別ウィンドウで開くをご参照ください。

窓口・お問合せ先

必要書類をお持ちになり、お住まいの区の区役所保険年金業務担当窓口でお手続きください。

必要書類等

必要書類については、日本年金機構ホームページ別ウィンドウで開くをご参照ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

福祉局 生活福祉部 保険年金課 管理グループ
電話: 06-6208-7977 ファックス: 06-6202-4156
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

メール送信フォーム