ページの先頭です
メニューの終端です。

株式会社シノダさんが、生野小学校・西生野小学校の全児童・教職員に革製マスクを寄贈されました!

2020年9月10日

ページ番号:513459

今日は、会社の校区にある生野小学校に通う全児童と全教職員にマスクを配られたと聞き、取材してきました。

取材先は主にカバンを製造している株式会社シノダさん。
株式会社シノダ外観
別ウィンドウで開く

話を聞くとコロナの影響により5月連休前から仕事がなくなり、パートさんにも何か仕事を作れないか悩んでいたところ、カバンの製造技術を生かして新たなモノが作れないかと思い、マスクの製造にチャレンジしました。

革製マスク(5色)
別ウィンドウで開く
マスク製の革と聞けば、ムレるとか、匂いがとか悪いイメージをもちがちですが、革の仕入れ先から協力があり、抗菌したマスク用の革へと改良したり、通気性を持たせるため革に穴をあけたり、革に直接触れないように不織布を縫い付けた上に取り換え可能のコットンを貼りつけて二重構造にするなど試行錯誤を重ねて商品化までたどり着かれました。
革製マスク(穴空き)
別ウィンドウで開く
革製マスク(不織布)
別ウィンドウで開く

 会社の外観からはわかりづらいですが、シノダさんは国内有数のカバンの製造技術を持つ工場で、代表の篠田さんは日本鞄ハンドバッグ協会の技術認定員を務められ、息子さん(専務)は超難関の技術認定1級を取得されており高い技術力を誇ります。

日本ハンドバッグ教会技術認定1級取得
別ウィンドウで開く

すでにマスクを配られた生野小学校の全校生徒から感謝の手紙などが届けられ、工場内に貼られていました。

また、生野区内に引っ越して2年になる児童の保護者さんからも篠田さんに感謝の気持ちを伝えたくて会社に直接メールが届いており、これは私たちの宝物ですと言った社長の奥さんの笑顔が非常に印象に残っています。

 

生野小学校児童からのお礼
別ウィンドウで開く

また、専務の子どもさんが通われた、西生野小学校の全児童と教職員にも革マスクを寄贈され、8月27日に西生野小学校にて贈呈式が開催されました。

児童の反応は、「形が固定されていて息がしやすい」、「長時間着けても耳が痛くない」と好評だったそうです。

西生野小学校贈呈式
別ウィンドウで開く

この革のマスクだけでなく、マスク入れや、マスクホルダーも秋以降に販売を予定されており、ピンチをチャンスに変えた取り組みを進めておられます。

マスクとマスクケース
別ウィンドウで開く
マスクホルダー
別ウィンドウで開く

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市生野区役所地域まちづくり課
住所: 〒544-8501 大阪市生野区勝山南3丁目1番19号(生野区役所4階)
電話: 06-6715-9743 ファックス: 06-6717-1163

メール送信フォーム