ページの先頭です

交通局発注の随意契約調査の実施方針について(平成26年11月11日)

2018年1月4日

ページ番号:287696

 平成26年10月4日以降の新聞報道などによって、交通局長ほか特別職2名(調査役・秘書)と一般職職員2名(理事・部長)らが、本市入札参加有資格者である関係業者(市営交通110周年シンポジウムに関する業務委託の受注者)と不適切な会食を行っていたことや、この会食に出席した特別職のうちの調査役が、当該業務委託案件(公募型プロポーザル方式)の公募期間中に、この関係業者の部長と2名で会食を行っていたこと、さらに当該案件の審査に際して、審査委員であった調査役が不自然な採点を行っていたなどと、大きくとりあげられたところです。

 関係業者との会食については、本市入札契約事務の公正性の確保のため、契約事務担当者の行動規範、心構えとして策定している「公正契約職務執行マニュアル」により、禁止事項として定めているところです。

 加えて、調査役については、関係業者が応募していた公募型プロポーザル案件の公募期間中に、関係業者の部長と会食を行ったとの報道内容であり、当該案件の審査において、同代理店が有利となるような評価を行ったとのことで、市会においても厳しいご指摘を受けたところです。

 そこで、当該事案と同じ公募型プロポーザル方式による契約案件を含む、交通局で締結された随意契約について、その契約事務が適正に執行されていたかを調査し、不適正な事案が認められた場合には、原因・問題点等を明らかにすることによって、交通局契約事務の適正化を図り、不適正な事案の再発防止に努め、公正性を確保することを目的として調査を実施します。

 なお、本件調査については、大阪市入札等監視委員会での調査・審議により、ご意見等をいただきながら、調査結果をとりまとめていくこととします。

                                            

                                                     記

 

1 調査対象(随意契約の概要)

  工事・物品・業務委託契約のうち随意契約によるもの

  ※交通局職務権限規程に定める少額な契約を除く。(工事:50万円以下、物品・業務委託:10万円以下)

随意契約の概要

区  分

H25年度

H26年度*

(1)交通局調達課で締結した契約

844件

491件

1,335件

(2)交通局調達課以外の各課で締結した契約

33件

29件

62件

877件

520件

1,397件

  *H26年度は上半期分

 

2 調査の進め方

    交通局から対象となる契約リストの提出を受け、個々案件ごとに契約関係書類等を確認のうえ、適正に契約事務が行われているかチェックし、不備・不適正な事務処理が判明した事案については、交通局担当者へのヒアリング等によって、その原因・問題点等を明らかにします。

〇対象案件全件

・交通局契約事務審査会での審議経過

・随意契約理由の適合性

・契約結果の公表         など

〇企画競争方式(プロポーザル方式等)による案件

・審査項目

・評価設定の合理性

・審査委員選定について

・採点状況について     など

 

3 調査結果

  平成26年12月中旬までには調査結果をとりまとめる予定です。

経過資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 契約管財局契約部制度課

住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1丁目4番5号(大阪産業創造館9階)

電話:06-6484-7062

ファックス:06-6484-7990

メール送信フォーム