ページの先頭です

姉妹都市(サンクト・ペテルブルグ)

2020年3月13日

ページ番号:17644

サンクト・ペテルブルグ(ロシア)  八百の橋と石造建築が調和する水の都

聖イサク寺院

知事/アレクサンドル・ベグロフ(2019年10月3日就任)
1979年8月16日/姉妹都市提携
人口:513万人
面積:1,400平方キロメートル


聖イサク寺院

サンクト・ペテルブルグ市の概要 参考:サンクト・ペテルブルグ市のホームページへ別ウィンドウで開く(英語)

1703年、ピョートル1世が建設したあと、 サンクト・ペテルブルグは、商工業の中心として栄え、港湾都市・文化科学都市として独自の地位を築いてきた。市内には、ネバ川や運河が縦横に流れ「北国のベニス」と呼ばれる石造建築の美しい町である。市民投票で、過半数の賛成を得た上で、1991年9月レニングラードから「サンクト・ペテルブルグ」と改名され、新しい歴史を歩み始めた。

主な交流内容

  • 両市代表団の相互訪問
  • 上下水道分野における技術交流
  • 環境廃棄物分野における技術交流
  • 道路交通分野における技術交流
  • 大阪市立大学とサンクト・ペテルブルグ国立大学の大学間交流
ほか

主な交流史

  • レニングラード市代表団が大阪で民族音楽の公演や絵画展を実施、長居公園に彫刻「友情の像」を寄贈(1987年)
  • 15周年記念事業として、サプチャク市長が来阪、写真展を開催(1994年)
  • 阪神・淡路大震災の被災児童が招待される(1995年)
  • 20周年記念事業として、本市代表団がサンクト・ペテルブルグを訪問し、西本智実指揮コンサートなどに出席(1999年)
  • 建都300周年を記念して、磯村市長がサンクト・ペテルブルグを訪問し、石灯ろうを寄贈(2003年)
  • 25周年記念事業として、マトビエンコ市長を団長とする代表団が来阪、児童絵画・写真展、セミナーを開催(2004年)
  • 都市プロモーションとして關市長がサンクト・ペテルブルグを訪問し、マトビエンコ市長と会談(2007年)
  • アンナ・クチェーロワ、サンクト・ペテルブルグ市文化委員会第1副委員長が来阪、北山福市長を表敬訪問(2009年)
  • 在大阪ロシア連邦総領事館庭園において、姉妹都市提携30周年を記念して日露親善桜を植樹(2009年)
  • 30周年を記念して舟戸議長、北山福市長を団長とする本市代表団がサンクト・ペテルブルグを訪問し、大阪プロモーションセミナーを実施(2009年)

    姉妹都市提携30周年記念事業一覧

  • サンクトペテルブルク市医師団が来阪、国立循環器病研究センター、大阪市立大学病院、大阪市総合医療センターを視察(2013年)
  • ネチャイ投資委員会戦略投資庁副部長が来阪、井上経済戦略局長と意見交換(2013年)
  • マルコフ副知事一行がロシア企業と来阪、表敬訪問、記念レセプションに出席、技術交流(上下水道)実施、柴島浄水場・海老江下水処理場を視察(2014年)
  • 35周年事業として、村上副市長を代表とする大阪市代表団がサンクト・ペテルブルグを訪問。ポルタフチェンコ知事を表敬訪問、大阪プロモーションセミナー開催(2014年)
  • カザンスカヤ副知事一行が来阪、表敬訪問、記念レセプションに出席、「メディカル・ジャパン2015大阪」や大阪大学等を視察(2015年)
  • 福井建設局長、山﨑水道局理事がサンクト・ペテルブルグを訪問。サンクト・ペテルブルグ市及びサンクト・ペテルブルグ上下水道公社との間で、上下水道分野における技術交流に関する覚書を締結。技術交流セミナーを開催(2015年)
  • 40周年の先駆けとして、シェステリコフ知事府知事議会代表一行が来阪、表敬訪問、記念レセプションに出席(2018年)
  • 40周年事業として、松井市長を代表とする大阪市代表団がサンクト・ペテルブルグを訪問。ベグロフ知事を表敬訪問、水・環境ビジネスセミナー開催(2019年)

 

直近の動き(令和元年度)

大阪市代表団のサンクト・ペテルブルグ訪問(2019年9月)

松井市長を団長とする大阪市代表団が、広田議長を団長とする大阪市会代表団とともに、9月25日から28日までサンクト・ペテルブルグ市を訪問しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

第83番学校生徒の大阪市訪問(2019年10月、11月)

サンクト・ペテルブルグ市にある第83番学校の生徒が、10月30日から11月6日まで大阪に滞在しました。11月1日に大阪市を表敬訪問したほか、滞在中は大阪市立大和川中学校の生徒と交流を行いました。

直近の動き(平成30年度)

サンクト・ペテルブルグ市知事府知事議会代表の来阪(2018年10月)

2019年の姉妹都市提携40周年に先駆け、ユーリ・シェステリコフ サンクト・ペテルブルグ市知事府知事議会代表を代表とする代表団が10月8日から11日まで来阪され、10月9日に田中副市長を表敬訪問されました。

サンクト・ペテルブルグセミナーを実施したほか、分科会にて観光、交通、ICT、環境、上下水道、教育、人事、大学、健康の分野において意見交換を行いました。
また、市役所正面玄関ホールで開催された写真展「サンクト・ペテルブルグ デー イン 大阪」や代表団歓迎レセプションを通じて交流を深めました。

直近の動き(平成29年度)

FCゼニト・サンクトペテルブルクU-18の来阪(2017年8月)

ロシアのトップリーグに所属する、FCゼニト・サンクトペテルブルクU-18が「2017大阪市国際ユースサッカー大会」(主催:大阪市国際ユースサッカー大会実行委員会)に参加しました。

直近の動き(平成28年度)

上下水道分野における技術交流に関する覚書にかかる議事録の調印(2017年2月)

岡﨑建設局理事がサンクト・ペテルブルグ市を訪問し、サンクト・ペテルブルグ市エネルギー・インフラ整備委員会副委員長、ボドカナル製造部長との間で、2015年11月の上下水道分野における技術交流についての覚書に基づき、今後も引き続き協力する旨の議事録に調印しました。

直近の動き(平成27年度)

上下水道分野における技術交流に関する覚書締結(2015年11月)

福井建設局長、山﨑水道局理事がサンクト・ペテルブルグを訪問し、11月3日、サンクト・ペテルブルグ市及びサンクト・ペテルブルグ上下水道公社との間で、上下水道分野における技術交流に関する覚書を締結しました。覚書の署名式に先立って開催された技術交流セミナーには、民間企業関係者も出席し、日本の優れた水・環境技術を紹介しました。

サンクト・ペテルブルグ市との姉妹都市提携特別展の開催(2015年8月)

大阪市とサンクト・ペテルブルグ市の姉妹都市提携の締結日である8月16日に合わせ、8月14日から5日間、大阪市役所の市民ロビーにおいて、サンクト・ペテルブルグ市政府から頂いた記念品や各種パネルなどを展示し、大阪市とサンクト・ペテルブルグ市の交流の歴史について、市民の皆様に知っていただく機会となりました。
姉妹都市提携特別展の様子

サンクト・ペテルブルグ市における本市下水道技術に関する講演(2015年7月)

7月7日、サンクト・ペテルブルグにおいてJETRO主催により開催された技術セミナーにおいて、建設局職員が、サンクト・ペテルブルグ市の上下水道を管理する技術者等を対象に、大阪市の下水道技術に関する講演を行ないました。

直近の動き(平成26年度)

サンクト・ペテルブルク市副知事の来阪(2015年2月)

サンクト・ペテルブルグ市よりオルガ・カザンスカヤ副知事を代表とする一行が大阪市を訪問し、村上副市長を表敬訪問しました。一行は「メディカル・ジャパン2015大阪」を視察したほか、サンクト・ペテルブルグ大学と提携を結んでいる大阪大学や市内老人福祉施設等を訪問しました。

大阪市代表団のサンクト・ペテルブルグ訪問(2014年9月)

村上副市長を団長とする大阪市代表団が、杉田副議長を団長とする大阪市会代表団とともに、9月24日から27日までサンクト・ペテルブルグ市を訪問しました。

サンクト・ペテルブルク市副知事の来阪(2014年7月)

7月1日、2日の2日間、サンクト・ペテルブルグ市よりオレグ・アレクサンドロビッチ・マルコフ副知事を代表とする一行が大阪市を訪問し、村上副市長を表敬訪問したほか、上下水道に関する技術交流を行いました。技術交流では、水道局、建設局各担当者と両市の上下水道の経営・技術等について活発な意見交換をおこなったほか、柴島浄水場や海老江下水処理場を視察しました。

直近の動き(平成25年度)

サンクト・ペテルブルグ市投資委員会戦略投資庁副部長の来阪(2013年11月)

サンクト・ペテルブルク市よりマリーナ・ネチャイ サンクト・ペテルブルグ市投資委員会戦略投資庁副部長が来阪し、両市の投資施策と今後のビジネス交流の促進について意見を交換しました。

サンクト・ペテルブルク市医師団の来阪(2013年10月)

サンクト・ペテルブルク市より医師2名が来阪し、国立循環器病研究センターにて開催された「国際展開を視野に入れた臨床手技トレーニング事業」に参加したほか、大阪市立大学病院、大阪市総合医療センターを視察しました。

直近の動き(平成24年度)

「サンクトペテルブルグ日本センター松原所長との意見交換」(2012年12月)

12月26日、サンクトペテルブルグ日本センターの松原所長が来庁されました。日本センターでは日露間の経済交流を促進するため、セミナー、社会人対象の日本語講座の開催やビジネスマッチングのサポート等をされており、今後の2都市間の交流について意見交換しました。

「観光ビジネス研修」(2012年11月)

11月27日、外務省の対ロシア技術支援事業の一環として、モスクワ、サンクト・ペテルブルグ、ニジニー・ノブゴロドの日本センターで選抜された観光ビジネス経営者からなる研修団20名が、サンクト・ペテルブルグの姉妹都市である大阪市の観光戦略について学ぶために来阪されました。一行は、市役所で観光企画担当からの説明に熱心に耳を傾け活発な質疑応答が行われました。その後、大阪城天守閣を視察されました。

「大阪セミナー開催」(2012年5月、6月)

5月31日から6月1日まで、サンクト・ペテルブルグ日本センターにおいてサンクト・ペテルブルク市と、ジャパンセンターの多大なご協力の下、大阪市パリ事務所主催「大阪セミナー」を開催しました。

上原所長が約40名の現地企業を対象にロボットの実演も交えて「ロボット技術を中心とした大阪の先端技術」と題する講演を行い、その様子は当日の夕方ロシア国営テレビでも放映されました。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 経済戦略局立地交流推進部国際担当都市間交流担当

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2‐1‐10  ATCビル ITM棟 4階 M-4

電話:06-6615-3757

ファックス:06‐6615-7433

メール送信フォーム