ページの先頭です

ホテル・旅館等の営業者の皆様へ ~ボイラー等使用時は一酸化炭素中毒事故の防止に努めましょう~

2019年12月27日

ページ番号:48567

 平成21年6月2日、山口県美祢市のホテルにおいて、22名が病院に搬送(うち1名が死亡)される一酸化炭素中毒事故が発生しました。

 そのため、平成21年8月3日に厚生労働省を通じて経済産業省原子力安全・保安院から注意喚起等について要請があり、ホテル・旅館等の営業者の皆様には、簡易ボイラー等が適切に維持管理されているか、同院が作成したリーフレット等を用いて緊急点検していただき、事故防止に努めていただいたところです。

 あらためて、平成21年11月24日に同院からホテル・旅館等の営業者の皆様へ、日頃からボイラー等の点検を行っていただくよう、厚生労働省を通じて協力依頼がありました。

 ホテル・旅館等の営業者は施設の安全の維持及び向上に努めなければならないとの旅館業法第3条の4の規定を踏まえ、今後とも事故防止に努めてください。

経済産業省原子力安全・保安院作成リーフレット

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

問合せ先

 ボイラー等の点検については、

  経済産業省原子力安全・保安院 液化石油ガス保安課 電話:03-3501-1672

  経済産業省原子力安全・保安院 ガス安全課 電話:03-3501-4032

 にお問い合わせください。

 なお、このホームページの誤字・脱字、添付ファイルが開けないなどの問い合わせ先は下記になります。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局健康推進部生活衛生課環境衛生グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9981

ファックス:06-6202-6967

メール送信フォーム