ページの先頭です

児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーンとは

2012年11月1日

ページ番号:47648

大阪市・大阪府・堺市では、11月の児童虐待防止推進月間に、大阪府域全体で、すべてのこどもが健やかに育つように、行政機関、企業、地域が一体となって、「子ども虐待防止」というメッセージが込められたオレンジリボンを、一人ひとりの胸につけていただき、子育てをしている親や子どもたちを始め、多くの人たちに、まわりのこどもに関心をもっていただき、子どもへの虐待をなくしていく輪を広げていくオレンジリボンキャンペーンに取り組んでいます。

オレンジリボン運動とは

2004年9月、栃木県小山市で2人の幼い兄弟が虐待の末、橋の上から川に投げられて亡くなる事件がおきました。その事件をきっかけに小山市の「カンガルーOYAMA」が,二度とこのような事件が起こらないようにと願いを込めて,2005年にオレンジリボン運動(キャンペーン)を始め,2006年からは「児童虐待防止全国ネットワーク」が総合窓口を担い,全国的にキャンペーンなど活動を広げています。

オレンジリボンキャンペーン

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局子育て支援部こども家庭課ひとり親等支援グループ、要保護児童グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8034

ファックス:06-6202-6963

メール送信フォーム