ページの先頭です

大阪市学校教育ICTビジョンについて(令和4年3月改訂)

2022年6月2日

ページ番号:533739

大阪市学校教育ICTビジョン

大阪市学校教育ICTビジョンとは

教員や児童生徒によるICTの積極的・効果的な活用をさらに推進し、情報活用能力の育成や学力の向上につなげていくために、本市学校におけるICT機器の活用方策や、ICT環境整備のあり方などをまとめ、令和2年3月に策定したものです。

ビジョンの改訂について

大阪市教育振興基本計画の期間満了による新計画の策定にあたり、学びを支える教育環境の充実に向け、ICTを活用した教育の推進策を検討し、より深化した教育の取組を定めるために、令和4年3月にビジョンを改訂しています。

主な改訂点

  • (P7)対象期間を大阪市教育振興基本計画と合わせ令和4年度から令和7年度までの4年間とする。

  • (P16)個別最適な学びと協働的な学びを実現するため、デジタルの有用性を鑑み、これまでの実践とICTを最適に組み合わせることにより、教育の質を向上することとしており、大阪市教育振興基本計画に基づき教育DXの取組を進める。いつでもどこでも主体的に学べる環境を整備し、デジタルドリルなどの活用により、自主学習習慣及び家庭学習の習慣の定着を図る。

  • (P17)基本方針として、新たに「基本方針3 安全・安心な教育環境の実現に向けたICT活用」を加えた4つの基本方針のもと、11の具体的な取組方策を定める。

  • (P23)「③デジタル教材等による個に応じた学習の充実」として、AI機能のあるデジタルドリルの活用とともに、様々な学習コンテンツについて、国の動向を注視しつつ、本市での活用を検討する。

  • (P24)「④校務系データと学習系データの連携・学びの可視化」として、学習履歴や健康情報等のデータや全市共通の調査結果データ等のビックデータを複合的・多面的に分析、検証しながら、個別最適な学びの推進に向けた支援を行う。

  • (P25)「⑤遠隔・オンライン教育の推進」として、今年度の新型コロナウイルス感染症対策の対応を踏まえ、平常時と非常時におけるICTを効果的に活用した学習を充実すべく、実践事例を活用しながら取り組む。

  • (P32)「⑪ICT機器活用における支援体制の構築」として、研修の充実や授業改善等の指導助言を通し、学校CIOである校長を支援する。

ビジョンの概要

大阪市学校教育ICTビジョン(概要版)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

大阪市学校教育ICTビジョン(全文)

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市教育委員会事務局総務部教育政策課
住所:〒530-8201大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)
電話: 06-6208-9037 ファックス: 06-6202-7052