ページの先頭です

令和4年 職員向け年頭あいさつ

2022年7月11日

ページ番号:490750

令和4年1月4日の職員向け年頭あいさつを掲載いたします。


 職員の皆さん、新年あけましておめでとうございます。

 長引く新型コロナウイルス感染症の影響から市民生活を守るため、この年末年始においても、医療・検査体制の確保や子育て世帯への臨時特別給付の迅速な実施など、様々な事務に従事いただいた職場もあり、このように、新たな年を迎えられたことに感謝します。

 昨年は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、緊急事態宣言が3回も発出され、市民生活や大阪の経済など、多方面において厳しい状況が続いた1年でした。
 そのような中、本市では、ワクチン接種を着実に進めながら、感染防止対策、そして市民生活・経済活動の維持の両立に取り組んできたところです。

 大阪の新規感染者数については、落ち着きを取り戻していましたが、新たな変異株も確認されるなど、昨年末から増加に転じており、依然として警戒が必要な状況は続いています。
 こうした状況も踏まえ、引き続き、感染拡大防止対策を充実させながら、大阪の経済を立て直し、市民の皆さんの不安を解消できるよう、本年も着実に市政を進めてまいります。

 まず、感染拡大防止対策については、新たに策定した第6波に向けた方針に基づき、新規感染者数に応じて保健所体制を強化するとともに、感染者が急増した時にも即応できるように、重点化した疫学調査を一貫して実施をいたします。
 3回目のワクチン接種についても、市民の皆さんが混乱なくスムーズに接種できるよう万全を期して取り組んでいきます。

 次に、市民サービスの充実についてですが、まず、子育て・教育環境の充実については、学校でのICT教育や家庭でのオンライン学習環境の整備など、コロナ禍における子どもたちの学びの保障、成長を育む取組みを推進いたします。
 また、重大な児童虐待ゼロに向けて、着実に対策を進めるとともに、社会的に問題となっているヤングケアラーの支援に向けた取組みなども推進していきます。

 次に、暮らしを守る福祉等の向上については、住居確保給付金や住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給など、コロナ禍の市民生活を支えるための支援を引き続き行います。
 また、認知症施策の推進や独り暮らしの高齢者の支援など、真に支援が必要な方にしっかりとサービスを届け、住民福祉のさらなる向上をめざします。

 各区の特色ある施策の展開に向けては、市民ニーズにきめ細かく応えられるよう、ニア・イズ・ベターを徹底し、区長の皆さんには、マネジメント力を発揮して、地域の実情に即した特色ある施策の展開をお願いいたします。

 次に、大阪の成長に向けた取組みについてです。
 2025年4月に開幕する大阪・関西万博まで、残すところ3年余りとなりました。
 今後、開催に向けた動きが一層本格化していく中で、国、経済界等との多岐に渡る協議・調整や開催準備を、一元的にスピード感をもって進めていくため、この1月1日に、府市の万博関係部局を統合した「万博推進局」を設置しました。
 万博を成功に導くという目標の達成に向け、「万博推進局」を中心に、各所属においても総力をあげて協力して取り組んでください。

 昨年、設置運営事業の予定者を選定したIRは、大阪・関西の持続的な経済成長のエンジンとなるものです。
 今年は、国の区域整備計画の認定を受けたうえで、引き続き世界最高水準の成長型IRの実現に向けた取組みを進めていきます。
 そのほか、スーパーシティ構想や国際金融都市の実現に向けた府市一体の取組み、広域的観点に立った都市インフラの整備や4月に統合される新大学を先導役とした大阪城東部地区のまちづくり、ソフト・ハード両面を組み合わせた防災力の強化、成長産業の育成など、大阪の成長に向け、様々な取組みを進めていきます。

 次に、市民の暮らしの質や大阪の都市力の向上をめざした市政改革についてですが、本市では、これまでも手続きのオンライン化をはじめとした行政のデジタル化に取り組んできました。
 今後はさらに、デジタル技術・データを活用して業務のあり方そのものを改革する、デジタル・トランスフォーメーションを推進していきます。

 また、「副首都ビジョン」については、バージョンアップに向けた検討を加速させ、東西二極の一極として日本の成長をけん引し、住民が暮らしの豊かさを実現できる副首都・大阪の確立に向けた取組みを進めてまいります。

 最後に、一昨年から続く新型コロナウイルス感染症により、依然として厳しい生活を強いられている市民の皆さんがおられます。
 コロナとの闘いの終わりは、なかなか見えてきませんが、ウィズコロナの時代においても、市民の皆さんの不安をひとつずつ解消し、安全・安心を守りながら、大阪の経済成長に向けた取組みもしっかりと進めていく、そのような一年にしたい、そう考えています。
 そのためには、職員の皆さん一人ひとりの力が必要です。
 皆さんの力を最大限に発揮いただくためにも、ワーク・ライフ・バランスを意識しながら、健康にはくれぐれも留意していただき、大阪市民のために、大阪の将来のために、全市一丸となって頑張っていきましょう。

 以上、私からの新年のあいさつといたします。

 今年も元気で、それぞれの力を全力で発揮いただくことを期待いたします。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 政策企画室秘書部秘書課秘書グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-7237

ファックス:06-6202-6950

メール送信フォーム