ページの先頭です

交通死亡事故をなくしましょう

2019年12月18日

ページ番号:370250

ストップ!交通死亡事故

高齢者の皆さんへ

  • 大阪市の交通事故の特徴として、死亡事故の4割が65歳以上の方で、そのほとんどが歩行者・自転車利用者です。
  • その多くが信号無視などの無理・危険な横断が原因です。
  • 年齢とともに身体機能は低下しています。

      信号の見落としや車の接近に気付かずに…

      車がまだ遠いと思い横断を開始し、事故に…

      青信号の途中で信号が赤になり、渡りきれずに事故に…

  • 今一度、普段の行動をチェックして、安全行動の実践を!
大阪府警察の高齢者の交通事故防止啓発チラシ

  ※大阪府警察ホームページより

 

高齢者のご家族・地域の皆さんへ

  • 高齢者の交通死亡事故を防止するため、「思いやりと」と「いたわりの気持ち」を持った声かけ保護誘導をお願いします。
大阪府警察の高齢者のご家族や地域の皆さん向けの高齢者交通事故防止用チラシ

  ※大阪府警察ホームページより

 

自転車利用時の注意事項

  • 自転車は道路交通法上、車両の一種(軽車両)です。
  • 正しいルールを知り、安全に自転車を利用しましょう!

「自転車安全利用五則」を守りましょう

1 自転車、車道が原則、歩道は例外

2 車道は左側を通行

3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを走行

4 安全ルールを守る

  • 飲酒運転・二人乗り・飲酒運転の禁止
  • 夜間はライトを点灯
  • 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

5 子どもはヘルメットを着用

自転車安全利用5則のチラシ

※大阪府警察ホームページより

 

自転車の事故が多発

自転車が加害者になる事故が多発中!

  • 自転車利用者が加害者となる事故が多発しています。
  • 自転車利用者のルール無視やマナーの悪さから、歩行者等にケガを負わせる、又は死亡させるなどの大きな事故が発生しています。
  • 自転車で事故を起こすと、加害者として民事・刑事の二つの責任を問われます。
  • 自転車事故を起こさないため、自転車事故にあわないために、交通ルールをしっかりと守りましょう!
大阪府警察の自転車事故が多発していることを注意喚起するチラシ

※大阪府警察ホームページより

 

交差点では特に注意

  • 交差点で出合頭の事故が多発しています。
  • 「止まれ」の標識がある場所では、必ず一旦停止し、左右をよく確認して、車や人が来ていないかを確かめましょう。
  • 自転車が交差点を通るとき、左に曲がろうとする車に巻き込まれる危険があります。車から自転車が見えていない場合があります。また、車の内輪差にも気を付けて、一時停止し、車を先に行かせましょう。

自転車のルールについて

クレイ・アニメーション「自転車安全利用!」「飲酒運転防止!」

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 市民局区政支援室地域安全担当 

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所地下1階)

電話:06-6208-7317

ファックス:06-6202-7555

メール送信フォーム