ページの先頭です

よくある質問と回答【断水・出水不良】

2022年10月31日

ページ番号:160241

Q1 水の出が急に悪くなりました。どうしたらよいですか

A
水の出が急に悪くなる原因としては、水道局で行う工事の影響によるものや、ご使用の水道の給水方式(直結直圧式・直結増圧式・受水槽方式など)の違いによるもの等、いろいろな原因が考えられます。お客さまセンター(06-6458-1132)にお問い合わせください。

Q2 にごり水(赤水)が出ますが、どうすればいいですか

A
にごり水(赤水)が出る原因としては、水道局で行う工事の影響によるものや、ご使用の給水管(宅地内配管)の材質(古い鋼管の管内面のサビ等)によるもの等、いろいろな原因が考えられます。お客さまセンター(06-6458-1132)にお問い合わせください。

Q3 急に水が出なくなりました(戸建の場合)

A
原因が水道工事にある場合には、事前にお知らせビラを配布するなどによりお知らせしていますが、想定される範囲外で起こる可能性もあります。その場合にはお客さまセンター(06-6458-1132)へご連絡ください。
また、お支払いが滞ったときや、開始の届出をされていないときは、給水を停止する場合があります。
なお、原因の分からない出水不良の場合についても、お客さまセンター(06-6458-1132)にお問い合わせください。

Q4 急に水が出なくなりました(共同住宅の場合)

A
断水の原因のひとつとして、まずポンプの故障が考えられますが、水道局ではポンプの修繕等のお取り扱いはしておりませんので、オーナー様や管理会社様へご連絡をお願いします。
その他の原因としては、水道局で行う工事の影響が考えられます。工事に伴い断水になるお客さまへはお知らせビラを配布するなどにより事前に断水日時をお知らせしていますが、緊急工事等、想定される範囲外で起こる可能性もありますので、お客さまセンター(06-6458-1132)へお問い合わせください。
注釈 一般にアパート、ハイツと呼ばれる2~3階建の集合住宅は、直結給水をしている戸建と同じ扱いになる場合があります。
また、お支払いが滞ったときや、開始の届出をされていないときは、給水を停止する場合があります。

Q5 マンションの管理会社だが、ポンプの修繕をしてほしい

A
ポンプの修繕は水道局ではお取り扱いしておりませんので、オーナー様や管理会社様から指定工事店にお申し込みください。
指定工事店については、こちらからご覧いただけます。

Q6 「水道の水がにごります」というお知らせビラについて聞きたいのですが

A
水道局で行う工事の影響により、にごりの発生が想定される場合には、事前にその地域のお客さまへお知らせビラを配布するなどにより、にごりが発生する日時や作業内容をお知らせしています。
お知らせビラの内容に関するお問い合わせは、お知らせビラに記載している連絡先へお願いします。なお、お知らせビラがお手元にない場合(紛失等)はお客さまセンター(06-6458-1132)へお問い合わせください。

Q7 ホームページやTwitterで「水圧低下」と記載されているのですが

  「配水ポンプの停止による水圧低下」や「配水管の破損による水圧低下」が発生すると、水道水が急に出なくなったり、出にくくなったりします。また、それに伴って、水道水が濁ることがあります。

  ホームページやTwitter、ビラなどで上記事象のお知らせがあった場合は、次のとおりのご対応をお願いします。

 

  • 水が出ません(水が出にくくなっています)

→水道局で原因究明と復旧作業に当たっています。復旧のめどが立ちましたら、水道局のホームページやTwitterなどでお知らせしますので、申し訳ありませんが、お待ちください。

 

  • 蛇口から白濁した水が出てきました

→透明のガラスコップ等に汲み置いて、気泡が消えて透明になってくる場合であれば、白濁した原因は水に溶け込んだ空気が細かな気泡となったものです。透明になることが確認できれば、そのまま飲用いただけます。

 しばらくしても白濁が全く変わらない場合は、お客さまセンター(06-6458-1132)にご相談ください。

 

  • 蛇口から赤色の水、黄色の水が出てきました

→蛇口から赤色の水、黄色の水(黄色の水は赤色の水が薄まったものです)が濁りとして出てくる原因は、水道管のさびによるものです。誤って口に含んだとしても、健康に影響はございませんが、水を使用される場合は、濁りがなくなるまで、しばらく水を出してからお使いください。

 しばらく水を流しても透明にならない場合は、お客さまセンター(06-6458-1132)にご相談ください。
赤色の水、黄色の水を使用できる用途一覧

用途

使用の可否

用途

使用の可否

飲用

※1

食器洗浄

歯磨き

〇 

洗濯

※4

入浴・シャワー

※2

ペットの飲用

※1

料理

※3

トイレ

※1 健康に影響を与えるものではありませんが、味に異常を感じることがありますので、できるだけご使用は避けてください。

※2 浴槽や体を拭く際に使用したバスタオルに濁りの成分が付着して、色や汚れとして残る場合がありますのでご注意ください。

※3 濁りの成分が味やお米への着色となる場合がありますので、できるだけご使用は避けてください。

※4 洗濯物に濁りの成分が、着色する場合がありますので、できるだけご使用は避けてください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局総務部お客さまサービス課(お客さまセンター)

電話:06-6458-1132

ファックス:06-6458-2100

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示