ページの先頭です

通勤手当における経路設定の基準について

2019年12月6日

ページ番号:487853

(目的)

第1条 この規程は、通勤手当支給要綱(昭和42年1月16日決裁。以下「要綱」という。)第9条に規定する、通常の通勤の経路及び方法(以下「通常の通勤経路」という。)のうち、公共交通機関(鉄道(急行料金を徴収するものを除く。)、軌道及びバスに限る。)について、基準を定めることを目的とする。

(通常の通勤経路の設定)

第2条 鉄道及び軌道の経路のうち、最安経路(運賃が最も安価な経路(複数ある場合は、距離の短い経路(同距離の場合は、所要時間の短い経路))をいう。以下同じ。)を通常の通勤経路とする。

2 前項に掲げる経路には、身体障害のため歩行が困難な職員以外の職員が利用する場合は、その利用距離が1キロメートル未満の経路は含まないものとする。

(乗降車駅の設定)

第3条 前条における通常の通勤経路の設定にあたって、住居からの乗降車駅は、次の各号に掲げる住居と駅との距離の区分に応じ、当該各号に掲げる駅とする。

(1) 住居から徒歩1キロメートル未満の距離内に駅がない場合 住居から最も近い駅

(2) 住居から徒歩1キロメートル未満の距離内に1つの駅しかない場合 当該駅

(3) 住居から徒歩1キロメートル未満の距離内に複数の駅がある場合 当該それぞれの駅(同一路線上にある駅については、そのうち、住居から最も近い駅)。ただし、身体障害のため歩行が困難な職員は、住居から最も近い駅

2 前条における通常の通勤経路の設定にあたって、勤務場所からの乗降車駅は、前項の「住居」を「勤務場所」に読み替えて得られる駅とする。

(バスを利用する場合の取扱い)

第4条 乗降車駅が前条第1項第1号に掲げる場合であって、バスを利用する届出がある場合は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるバス経路(身体障害のため歩行が困難な職員以外の職員が利用する場合で、その利用距離が1キロメートル未満である場合を除く。)を最安経路に加えるものとする。

(1) 届出によるバス停から乗降車駅に至るバス経路がある場合 当該バス経路

(2) 届出によるバス停から乗降車駅に至るバス経路がない場合 届出による駅(以下「届出駅」という。)に至るバス経路(ただし、届出駅に至るまでに他の駅を経由する場合は、当該駅に至るバス経路)

2 前項第2号の場合において、1時間あたりのバスの運行本数が4本未満である場合は、バス経路がないものとして取り扱うものとする。

3 第1項第2号の適用を受ける場合の乗降車駅は、前条の規定にかかわらず、届出駅(第1項第2号ただし書きの適用を受ける場合にあっては、届出駅に至るまでに経由する駅)とする。

(自転車等を使用する場合の取扱い)

第5条 乗降車駅が第3条第1項第1号に掲げる場合であって、自転車等を使用する届出がある場合は、当該自転車等の使用距離に応じた手当額を最安経路の運賃に加えるものとする。

(通常の通勤経路の特例)

第6条 次の各号に掲げる場合の通常の通勤経路は、前条までの規定にかかわらず、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める経路とする。

(1) 届出における経路を利用することに合理的と認める理由があり、かつ、当該経路の運賃が、最安経路の運賃(前2条の適用により加算された運賃等を含む。)と比べて1.2倍の範囲内である場合 当該届出における経路

(2) 届出における経路の路線数(鉄道及び軌道に限る。)が、最安経路の路線数と比べて少ない場合 当該届出における経路

(3) 前3条の規定による経路が勤務形態により利用できない場合 当該経路を除く前3条の規定による経路

2 前項第1号を適用する場合における届出駅は、最安経路の乗降車駅と同一路線である場合にあっては、1駅後退の駅までに限る。

3 第1項第2号を適用する場合における届出駅は、乗降車駅である場合に限る。ただし、乗降車駅と同一路線上である場合(後退する場合は、1駅後退の駅までに限る。)は乗降車駅とみなす。

4 最安経路及び届出における経路の路線数は、各鉄道事業者が公表している各路線(愛称を含む。)を経由する回数とする。ただし、別表第1に定める路線はそれぞれ定める駅を当該路線における両端の駅とみなす。

5 別表第2に定める路線において、同表に定める駅を経由する場合は、届出における経路である場合を除き、最安経路としない。

6 神戸電鉄有馬線の各駅(有馬温泉駅、有馬口駅、唐櫃台駅、神鉄六甲駅、大池駅、花山駅、谷上駅に限る。)が住居側乗降車駅である場合で、届出による経路が北神急行電鉄北神線を経由する場合は、最安経路についても北神急行電鉄北神線を経由する経路とする。

7 南海高野線の北野田駅以南が住居側乗降車駅であり、最安経路が中百舌鳥駅を乗換駅とする経路であり、かつ、届出による経路がなんば駅、新今宮駅、又は天下茶屋駅を乗換駅とする経路である場合は、乗換駅がなんば駅、新今宮駅、又は天下茶屋駅である経路のうち、最も安価な経路を、通常の通勤経路とする。

附則

(施行期日)

1 この規程は、平成21年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の日(以下「施行日」という。)以後、要綱第4条(ただし、第4号を除く。)に該当するに至った場合において、適用する。

3 この規程の施行日から平成22年9月30日までに前項に該当しない場合は、平成22年10月1日から平成23年3月31日までの期間の間の公共交通機関の支給単位期間に係る最初の月をもってこの規程を適用する。

附則

(施行期日)

1 この規程は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の日(以下「施行日」という。)以後、要綱第4条各号のいずれかに該当するに至った場合において適用する。

3 施行日から平成29年3月31日までに前項に該当しない場合は、平成29年4月1日から平成31年3月31日までの間に職権処理(職員からの届出の有無にかかわらず通勤手当支給要綱第4条の届出があったものとして取扱うことをいう。以下同じ。)により、この規程を適用する。ただし、職権処理により通勤手当の額が減少する場合は平成31年4月1日から、この規程を適用する。

附則

この規定は、平成28年10月1日から施行する。

附則

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

附則

この規程は、平成30年4月1日から施行し、平成28年4月1から適用する。

 

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局総務部職員課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5420

ファックス:06-6616-5449

メール送信フォーム