ページの先頭です

大規模盛土造成地の調査結果について

2015年7月22日

ページ番号:314802

大規模盛土造成地の調査結果について

 地震等によって、崖崩れや土砂流出による災害の発生の可能性がある大規模盛土造成地について、平成26年度に国土交通省が定める「大規模盛土造成地の変動予測調査ガイドライン」による調査を行った結果、大阪市内には大規模盛土造成地が存在しないことを確認しました。

大規模盛土造成地とは

 宅地を造成する場合、切土と盛土を組み合わせる手法が一般的であり、谷や沢を埋めたため、盛土内に水の浸入を受け易く、形状的に盛土側面に谷部の斜面が存在することが多い谷埋め盛土、また傾斜地盤上の高さの高い腹付け盛土などを盛土造成地といいます。

 大規模盛土造成地とは、その盛土造成地のうち以下のいずれかの要件を満たすものになります。

1) 盛土の面積が3,000平方メートル以上(谷埋め型大規模盛土造成地)

谷埋め型大規模盛土造成地のイメージ

出典:国土交通省ホームページ

2) 盛土をする前の地盤面の水平面に対する角度が20度以上で、かつ、盛土の高さが5メートル以上(腹付け型大規模盛土造成地)

腹付け型大規模盛土造成地のイメージ

出典:国土交通省ホームページ

関連リンク

 ・国土交通省別ウィンドウで開く

 ・大阪府別ウィンドウで開く      

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 都市計画局開発調整部開発誘導課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所7階)

電話:06-6208-7897

ファックス:06-6231-3752

メール送信フォーム