ページの先頭です
メニューの終端です。

【戦後70年記念事業】あらためて考える 平和の大切さ

2015年8月1日

ページ番号:318495

あらためて考える 平和の大切さ

 今年、平成27年は戦後70年です。昭和20年8月15日に終結した第二次世界大戦は、数千万人の人々の生命を奪うとともに、多くの人々を不幸にしました。国内でも、広島や長崎に原爆が投下され、壊滅的な被害を受けました。

大阪大空襲を知っていますか?

 大阪への空襲は昭和19年から始まり、大小合わせて50回を超える空襲が行われました。その中でもB29が100機以上に及ぶ「大空襲」は8回を数えます。昭和20年3月13日深夜から14日未明にかけての第一次大阪大空襲などにより、約1万5000人もの方が犠牲となり、大阪の街は一面の廃墟と化しました。
大阪大空襲一覧
日時来襲機数被災戸数被災者数死者
第一次 3月13日深夜~14日B29:274機136, 107戸501, 578人3, 987人
第二次6月1日朝B29:458機
P51:少数
65, 183戸218, 682人3, 112人
第三次6月7日昼B29:409機
P51:138機
58, 165戸199, 105人2, 759人
第四次6月15日朝B29:444機53, 112戸176, 451人   477人
第五次6月26日朝B29:173機10, 423戸43, 339人    681人
第六次7月10日夜(未明)B29:116機16, 488戸65, 825人1, 394人
第七次7月24日朝B29:117機     893戸  3, 503人   214人
第八次8月14日昼B29:145機
小型機:若干
  1, 843戸  2, 967人   359人

体験談(牛島 淳勝さん)

牛島さん

6月7日の大空襲の時、私は十三に住む小学校6年生でした。その日のお昼、何百機ものB29が飛来し、大雨が降った時のようなザーッという音と共に、大量の焼夷弾が降り注ぎました。炎は地面を舐めるように這い、十三のまちは焼け野原となりました。未だにあの「ザーッ」という音が忘れられません。

空襲の後の道頓堀川

道頓堀川

空襲の後の心斎橋・島之内

心斎橋・島之内

改めて考えてみましょう 戦争の悲惨さと平和の尊さを

 終戦から70年がたち、焼け野原となった街が復興・発展して活動力に満ちた街に生まれ変わりました。それと同時に、戦争を体験した世代が少なくなり、戦争を知らない世代が増えています。しかし、私たちは、戦争体験を風化させることなく戦争の悲惨さ、平和の尊さを将来にわたって語り継がなければなりません。

 戦後70年という節目の年に、皆さんも、戦争の悲惨さと平和の尊さについて、あらためて考えてみませんか。

淀川区の戦争の記憶を伝えたい ~パネル展&DVD作成~

 淀川区では、戦後70年という節目に、戦争の記憶を次世代につなぐDVDの作成とパネル展を行います。

 DVDでは区内の戦争体験者の体験談などを紹介し、子ども達に平和や命の大切さを伝えます。詳細が決まれば、ホームページ等でご紹介します(10月頃完成予定)。

 また、パネル展では空襲で焼けおちて廃校となった成小路国民学校の写真など、戦争時の大阪の様子をご覧いただけます。

区民ギャラリーパネル展

  • 日時 平成27年8月7日(金)~8月18日(火)まで
  • 場所 淀川区役所1階 区民ギャラリー

 

パネル展示やDVD作成についての詳細はこちら

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市淀川区役所 政策企画課 

〒532-8501 大阪市淀川区十三東2丁目3番3号(淀川区役所5階)

電話:06-6308-9404

ファックス:06-6885-0534

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示