ページの先頭です

胃がん検診を受けましょう

2017年4月1日

ページ番号:17860

平成29年10月から大阪市胃がん検診が変わります!!


内視鏡の検査が始まるのね♪

50歳以上の方については胃部エックス線検査(1年に1回)と胃内視鏡検査(2年に1回)を選べるようになります。40歳代の方については、従来どおり胃部エックス線検査(1年に1回)になります。※4月1日から翌年3月31日までを1年とします。

胃がんってどんな病気?


胃がん検診を定期的に受けよう!

  • 胃がんは日本人に多く、40歳代後半から増えてきます。
  • がん死亡率全体に占める割合は、男性では全体の2位・女性では3位となっています。 (2014年 国立がん研究センターがん情報サービスより)
  • 進行の程度にかかわらず、症状が全くない場合もあります。逆に、早期から胃痛、胸やけ、黒い便のような症状が見られることもあります。これらの症状は胃炎や胃潰瘍でも見られる症状です。
  • 定期的な検診を受けることはもちろん、症状が続くときは早めに医療機関を受診することで早期発見につながります。
  • 診断法や治療法の進歩で、現在は早く見つかれば治せる病気になってきています。
  • 喫煙や塩分摂取は、胃がんリスクを高めることが分かっていますので、禁煙・減塩をこころがけましょう。

  大阪市がん検診ガイドブックもぜひご覧ください。

   他のがん検診の受診要件や受診方法など詳細については各種健診の一覧に記載しています。

胃がん検診(胃部エックス線検査)について※40歳以上の方


胃部エックス線検査

 胃部エックス線検査とは、食事を抜いて胃をからっぽにした状態で発泡剤(胃を膨らませる薬)とバリウム(造影剤)を飲み、検査台の上で体の向きを変えながら胃の粘膜を観察します。
胃がん検診(胃部エックス線検査)
実施機関保健福祉センター                 (各区予約状況について)取扱医療機関別ウィンドウで開く
対象年齢受診日現在40歳以上の市民
受診間隔

1年に1回

※4月1日から翌年3月31日までを1年とします

料金(料金が無料になる対象の方500円1,500円
予約必要(受診方法について

車いすの受診者・休日・外国語対応可能医療機関(平成28年6月現在)

胃がん検診(胃部エックス線検査)で車いすの方や休日、外国語に対応ができる医療機関の一覧です。
※曜日・時間帯によって対応できない場合がありますので、予約の際にお問い合わせ、ご確認ください。

車いす・休日・外国語対応可能医療機関一覧

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

胃がん検診(胃内視鏡検査)について※50歳以上


胃内視鏡検査

 胃内視鏡検査とは、食事を抜いて胃をからっぽにした状態で、口もしくは鼻から内視鏡を入れて、直接胃の粘膜を観察します。
胃がん検診(胃内視鏡検査)
実施機関取扱医療機関
対象年齢受診日現在50歳以上の市民
受診間隔

2年に1回                                   ※自治体が実施する胃内視鏡検査を受診した翌年度は、本市の胃がん検診(胃部エックス線検査・胃内視鏡検査とも)を受診できません。

料金(料金が無料になる対象の方1,500円
予約必要(受診方法について

受診対象外となる方

 次の方は、胃内視鏡検査の受診対象外です。

  • ご加入の医療保険や会社等で同等の検診※を受ける機会のある方
  • 今年度中に同等の検診※を会社や病院で受けた方(人間ドックや診療によるものを含む)
  • 今年度中に同等の検診※を他の自治体で受けた方
  • 前年度に自治体が実施する胃内視鏡検査を受診した方(他の自治体も含む)
  • 検診部位の病気等で治療中、経過観察中の方<胃内視鏡検査については、検診での観察部位(食道・胃・十二指腸球部)を治療中もしくは内視鏡にて経過観察中の方は受診対象外です。ただし、服薬のみで治療中の方は胃内視鏡検査を受診できます。>
  • 自覚症状のある方
  • 疾患の種類にかかわらず、入院中の方
  • 妊娠中、妊娠している可能性がある方
  • インフォームド・コンセントや同意書の取得ができない方
  • 胃全摘術後の方
  • 抗血栓薬(血をさらさらにするお薬)で治療中の方

※同等の検診:胃部エックス線検査及び胃内視鏡検査

医師の判断で胃内視鏡検査を受けることができない方

  • 咽頭、鼻腔などに重篤な疾患があり、内視鏡の挿入ができない方
  • 呼吸不全のある方
  • 急性心筋梗塞や重篤な不整脈などの心疾患のある方
  • 明らかな出血傾向またはその疑いのある方
  • 最高血圧が極めて高い方
  • 全身状態が悪く、胃内視鏡検査に耐えられないと判断される方

胃がん検診の実績

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

健康局 健康推進部 健康づくり課 成人保健グループ
電話: 06-6208-9943 ファックス: 06-6202-6967
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

メールでの回答には多少お時間をいただく場合がございます、ご了承ください。なお、お急ぎの場合は、電話でお問い合わせいただくか、受電可能なお時間、電話番号を入力いただければ担当者より直接電話いたします。

メール送信フォーム