ページの先頭です
メニューの終端です。

インフルエンザの発生状況

[2016年8月26日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全国的にインフルエンザの流行状況を把握していますが、大阪市においても、あらかじめ選定されたインフルエンザ定点医療機関から、1週間を調査単位としてインフルエンザと診断された患者数等の報告を受け、市内におけるインフルエンザ発生状況の把握につとめています。

大阪市のインフルエンザ発生状況


別ウィンドウで開く
インフルエンザ発生状況グラフの見方
流行発生注意報

10 

流行発生警報

30(開始基準値)

10(終息基準値) 

大阪市のインフルエンザ発生状況
 市(合計) 市北部 市西部 市東部 市南部 

第33週(8月15日~8月21日) 

 0.04 0.00 0.07 0.00 0.07
市北部:北・都島・淀川・東淀川・旭
市西部:福島・此花・西・港・大正・西淀川
市東部:中央・天王寺・浪速・東成・生野・城東・鶴見
市南部:阿倍野・住之江・住吉・東住吉・平野・西成

H28 - H29 大阪市インフルエンザ発生状況

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

(注意)記載データは速報性を重視してありますので、今後の調査結果で若干変更が生じることがあります。

定点医療機関とは:定点把握対象の五類感染症について患者数の報告を依頼している医療機関
(人口及び医療機関の分布等を勘案し、できるだけ市全体の発生状況を把握できるよう選出)

定点あたり数とは:定点医療機関からの総患者報告数を定点医療機関数で割った数

注意報とは:流行の発生前であれば今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性があることを、流行発生後であればその流行がまだ終わっていない可能性があることを示します。

警報とは:大きな流行の発生・継続が疑われることを示します。

 

大阪市の学級閉鎖等の状況
かぜ様疾患等による学校園の休業について

大阪府・全国のインフルエンザ発生状況

インフルエンザの予防方法について

このページについてご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか

  • このページの内容は分かりやすかったですか

  • このページは見つけやすかったですか

このページの作成者・問合せ先

大阪市健康局大阪市保健所感染症対策課感染症グループ

住所: 〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1000号(あべのメディックス11階)

電話: 06-6647-0656 ファックス: 06-6647-1029

メール送信フォーム

[ページの先頭へ戻る]