ページの先頭です

歯周病検診

2018年7月12日

ページ番号:371511

概要・内容

40歳・45歳・50歳・55歳・60歳・65歳・70歳の方のための歯周病検診です。問診、口腔内診査を行います。(虫歯治療や歯石の除去などの行為は含まれません。)

歯周病は、気が付かないうちに徐々に進行していくことから「沈黙の病気」とも言われており、成人期以降の歯を失う一番の原因になっています。                                                                         また、糖尿病・肺炎・狭心症や心筋梗塞・心内膜症・肥満・低体重児や早産・骨粗しょう症 など歯周病の原因菌が全身の健康に大きな影響を及ぼすことがあります。

いつまでも健康な歯で美味しく食べられることは、人生の楽しみのひとつです。高齢社会を迎え、生涯自分の歯で噛めるようにするために、日頃意識することが少ない歯の健康にも、ぜひ目を向けてみましょう。

実施場所

次の市内取扱歯科医療機関で受診してください。

対象者

  • 平成30年度は、昭和23年、28年、33年、38年、43年、48年、53年生まれの方                                          
  • 平成31年度は、昭和24年、29年、34年、39年、44年、49年、54年生まれの方                                  

   ※ただし、勤務先等で同程度の検診を受診できる方及び歯科治療中の方は除きます 

費用

  • 500円                                                                      

 ※ただし、生活保護世帯に属する方は生活保護証明書等の提出、市民税非課税世帯の方は世帯全員の非課税証明の提出により無料で受診できます

受診方法

市内取扱歯科医療機関へ直接電話で予約申込みをしてください。予約した日時に、歯科医療機関の指示に従って受診してください。

持ち物

  • 利用料(費用)
  • 健康保険証

口の中をチェックしてみましょう

  • 歯ぐきが赤く腫れていませんか?
  • 歯みがきをすると歯ぐきから血が出ませんか?
  • 冷たいものや熱いものがしみませんか?
  • 歯がグラグラしていませんか?
  • 自分の歯や義歯でしっかりとかみしめられますか?

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない