ページの先頭です

28.乳牛牧跡(ちゅうしまきあと)

2018年12月4日

ページ番号:8689


東淀川区大桐五丁目 大桐中学校前道路

市バス「大桐一丁目」下車 北東約500m

 

 当地付近は、平安時代から乳牛を飼育していたところである。味原牧(あじふのまき)ともよばれていた。
 典薬寮乳牛院に所属しヨーグルト・チーズに類する乳製品を貢納するとともに、毎年雌牛・子牛を乳牛院に送致しており、乳牛院では薬用に採乳し、古い牛は牧に返すなどしていた。当地では残った牛を耕作用に使役するなと、徐々に田畑を広げていった。
 このように牧として性格は薄れたが、近世になっても地名として、また明治初期には小学校名として残っていた。

 

周辺地図へ

 

江口・淀川コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示