ページの先頭です

29.かしく寺(法清寺)(ほうせい)

2018年12月4日

ページ番号:9941

北区曽根崎-丁目2-19

市バス「梅田新道」下車 北東約200m
JR東西線「北新地駅」下車 東約250m

 

 日蓮宗に属するが創建は不明。明治44年再建の伽藍は戦災をまぬがれ、今に残っている。
 当寺には遊女「かしく」の墓がある。かしくは日常は従順な女性であったが、ひとたび酒が入ると人が変わって乱れた。そのため寛延(かんえん)2年(1749)のある日、彼女の兄が見かねていさめたところ逆上し、あやまって兄を傷つけ殺してしまった。かしくは死罪を申し渡され、市中を引き回されたが、その途中「油あげ」を所望し、それで乱れ髪をなでつけ斬首されたという。この事件はすぐ芝居に仕立てられ評判をよんだ。後になってかしくの墓石をかき取り、せんじて飲めば酒乱がなおるとの風評がたち、参詣人で賑わったという。

「かしく寺(法清寺)」の写真

 

周辺地図へ

 

中之島・鶴見コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示