ページの先頭です

下大和橋(しもやまとばし)

2018年4月3日

ページ番号:22265

諸元・アクセス

下大和橋写真

橋長:37.2m
幅員:14.2m
形式:桁橋
完成:昭和62年
行政区:中央区
河川名:道頓堀川
アクセス:OsakaMetro堺筋線・千日前線 日本橋駅
      近鉄日本橋駅 7番出口 
      およそ300m 徒歩5分

歴史・文化

 東横堀川は上大和橋のすぐ下流で終わり、ここで川は直角に曲がって道頓堀川となる。道頓堀川の最上流に架かるのが下大和橋である。橋の名前の由来となった大和町は、東横堀川から日本橋筋付近までの東西に長い町で、金比羅詣の舟の発着場があり、参詣客相手の舟宿で大変賑わっていた。

 また、下大和橋は正徳5年(1715)に初演された近松門左衛門の『生玉心中』の中で「大和橋出見世の場」の一場面になっていて「こころこころの、商(あきな)ひも、みな世渡りの大和橋、下行く水の泡よりも、色にぞ銀(かね)は消えやすく」と表現されている。

 明治以降も木橋であったが、昭和3年に近代橋に架け替えられた。現在の下大和橋は昭和62年に完成し、橋面には植樹枡などが整備されている。

 なお、明治36年(1903)に東横堀川の堀止付近(上大和橋・下大和橋の付近)に巡航船の乗船場ができ、最盛期には1日2万人もの利用客がある交通機関となったが、市電の拡張に伴い利用客は減り、大正3年(1914)には廃止された。

 

→顕彰碑のページはこちら

橋名一覧 広域地図 市街地図 橋のお知らせ 橋のメニュー

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部橋梁課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06‐6615‐6818

ファックス:06-6615‐6582

メール送信フォーム