ページの先頭です
メニューの終端です。

久宝寺橋(きゅうほうじばし)

[2014年12月26日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

諸元・アクセス

久宝寺橋写真

橋長:42.31m
幅員:12.50m
形式:桁橋(ゲルバー桁)
完成:昭和14年
行政区:中央区
河川名:東横堀川
アクセス:大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線 
      松屋町駅 1番出口
      大阪市営地下鉄堺筋線・中央線 
      堺筋本町駅3番出口 およそ550m 徒歩9分
      大阪市営バス「内久宝寺町」

歴史・文化

 橋名は伝説的な寺の名前に由来する。久宝寺は同盟の寺が船場の側にあったと言い伝えられている。しかしその位置は定かではなく、『浪華百事談』にも「往昔此地に久宝寺といえる寺院有りし故に、其名ののこれるものとは碑に伝うれども、何れの地に有りしや、浪花の古図にも証すべきものを見ず」とある。久宝寺の由来には他説があって、道頓堀川が開削されたとき、河内の久宝寺から多くの人夫が来て、この地に集落ができたためともいわれている。

 久宝寺橋は豊臣時代から架けられていたらしい。久宝寺橋は町橋で、近隣の町々で維持管理が行われていた。江戸時代の規模は、橋長が二四間三尺一寸三分(49.2m)となっており、幅員は二間(3.9m)であった。このあたりは人家の密集地であり、しばしば大火に見舞われている。その際、橋の被災はまぬがれなかった。

 江戸時代から明治の初めにかけては、橋の構造にはほとんど変化はなかった。久宝寺橋は五径間の木橋であったが、約6mと幅がかなり拡げられた。

 久宝寺橋が永久化されたのは、昭和14年で、橋長41.5m、幅員12.6mとなり、三径間のゲルバー式の鉄筋コンクリート桁が適用された。

 

→顕彰碑のページはこちら

橋名一覧 広域地図 市街地図 橋のお知らせ 橋のメニュー

このページの作成者・問合せ先

大阪市建設局道路部橋梁課

住所: 〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話: 06‐6615‐6818 ファックス: 06-6615‐6582

メール送信フォーム

[ページの先頭へ戻る]