ページの先頭です

緑地西橋(りょくちにしばし)

2018年4月3日

ページ番号:30564

諸元・アクセス

写真:緑地西橋 (りょくちにしばし)

幅員:新橋29.5m. 旧心斎橋36.1m
幅員:8m
形式:鋼桁
完成:H1
位置:鶴見区. 鶴見緑地
アクセス:OsakaMetro鶴見緑地線 鶴見緑地駅 
      2番出口 およそ950m 徒歩16分

文化・歴史

 この橋は、明治6年3月長堀川に架けられた心斎橋の弓形の桁を用いて、つくられた。当時、心斎橋は、日本で5番目に架けられた鉄橋(ドイツ製、橋長37.1メートル幅員5.2メートル)で、その規模の大きさは多くの人を驚かせたという。
 しかし明治41年に撤去され、石づくりのアーチ橋に主役の座をうばわれてからは、境川橋、新千舟橋、すずかけばしと、次々にその身の置きどころを代えていった。
 そして、このたび当地で5度目の奉公をすることになったが、がっしりとした鉄の骨組みに、文明開化の音をしのぶことが出来る。

 

→ 顕彰碑トップページへ戻る

橋のお知らせ  橋のメニュー

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部橋梁課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06‐6615‐6818

ファックス:06-6615‐6582

メール送信フォーム