ページの先頭です

幼児教育の無償化

2016年4月1日

ページ番号:378372

概要(説明)

幼児期は、生涯にわたり自己実現をめざし、社会の一員として生きていくための道徳心・社会性、知性や体力の基礎を培う重要な時期であり、この時期にこそすべてのこどもたちが家庭の経済状況にかかわらず、質の高い幼児教育を受けることが必要であるため、こどもの幼児教育の無償化の実現に向け、平成28年度から5歳児にかかる幼児教育の無償化を実施しました。平成29年度から、これまでの5歳児に加え、4歳児も教育費を無料とします。また、一定の条件を満たす認可外保育施設に通うお子さんも対象とします。

詳細については、各事業のページをご覧ください。

発端(きっかけ)は何?

幼児教育の充実は急務であることから、教育を受ける機会の提供という観点で、国に先駆け「5歳児の幼児教育の無償化」に取組み、すべてのこどもが等しく 教育を受けられる環境づくりを進めます。

寄せられたご意見

5歳児幼稚園保育料無料の恩恵を受け、大変助かっています。
なぜ5歳児だけ対象なのか。特定の年齢に限定するべきでない。
認可外保育施設はなぜ対象ではないのか。

今後の予定は?

こどもの幼児教育の無償化の実現に向け、引き続き幼児教育施策の充実に努めてまいります。

どこまで進んでいるのか?

これまでの経過

平成28年4月 5歳児幼児教育無償化の実施。

平成29年4月 5歳児に加え、4歳児にも対象を拡大。認可外保育施設のこどもも新たに対象。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局保育施策部保育企画課企画調整グループ、認定・給付グループ、指導・監査グループ、環境整備グループ、保育特別対策グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8031

ファックス:06-6202-6963

メール送信フォーム