ページの先頭です
メニューの終端です。

絹本著色存牟本誉画像 1幅 附1巻(一心寺)

[2011年4月1日]

絹本著色存牟本誉画像

けんぽんちゃくしょく そんむほんよがぞう

指定有形文化財

 美術工芸品[絵画]

所有者

 宗教法人 一心寺(いっしんじ)

所在地

 天王寺区逢阪

紹介

 法量 : 52.3×20.3cm
絹本著色存牟本誉画像

 一心寺は文治元年(1185)に法然が建立したと伝える浄土宗の寺院で、日想観の聖地に位置する浄土教信仰と関係の深い寺院である。
 豊臣期から江戸時代初期に徳川氏の帰依を受けて寺観を整えたが、再建期の史料が一括して伝来している。
 大阪市内に残る寺社縁起史料としては早い時期のもので、近世初頭の大阪を窺い知る歴史資料としての価値も高い。
 中興期の住持である存牟本誉画像はそのひとつで、頭巾と墨染の袈裟を纏い上畳に右向きに坐す姿を描く。
 元和7年(1621)の自身による賛文があり、市内に残る僧侶の肖像画としても早い時期の画像である。
 18世紀前半に後の住持高誉が記した本誉の行状記一巻を附する。

このページの作成者・問合せ先

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話: 06-6208-9166 ファックス: 06-6201-5759

メール送信フォーム


絹本著色存牟本誉画像 1幅 附1巻(一心寺)への別ルート

[ページの先頭へ戻る]