ページの先頭です

一心寺文書 一括(7点)

2011年4月1日

ページ番号:117715

一心寺文書

いっしんじもんじょ

高台院書状1巻・1枚、木下宮内少輔書状1枚、徳川家康禁制2枚、祐天寺祐遍書状1巻、萩春書状1巻

分野/部門

有形文化財/歴史資料

所有者

宗教法人 一心寺(いっしんじ)

所在地

大阪市天王寺区逢阪2

紹介

一心寺文書のうち高台院書状の写真

 一心寺は第二次世界大戦時の戦災で被害を受け、文書史料については残されたものが少ないが、江戸時代初期、中興期の文書およびその写しが伝来している。
 中でも元和7年(1621)の高台院黒印状(左の画像)は原本と考えられ、一心寺に対し、寺地および大和国の寺領の安堵と、殺生・竹木伐採の禁止、寺務への違犯を禁じた制札である。
 この禁制の添状である木下宮内少輔書状や慶長5年(1600)の家康制札の写しなどが含まれる。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局総務部文化財保護課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-9166

ファックス:06-6201-5759

メール送信フォーム