ページの先頭です

大阪から放置ボンベを撲滅しましょう!

2018年5月24日

ページ番号:271900

  放置ボンベとは、路上や空地に投棄されたり、事業所等で使用されずに存置されている高圧ガスボンベのことをいいます。

 放置ボンベは破裂等の事故につながる恐れがあり大変危険です。

  大阪府内の全消防本部で構成している保安3法事務連携機構おおさか」では、このような放置ボンベをなくし、大阪の安全を確保し、安心して暮らしていただくため、平成26年度から“放置ボンベ撲滅”に取り組んでいます。

事業所に長期間存置された放置ボンベ

 この取組みは着実にその成果を挙げ、平成26年度から平成29年度までの4年間で、大阪府内において合計1,798本もの放置ボンベを撤去又は管理状況を是正することができました。

 •平成26年度 803本
 •平成27年度 500本
 •平成28年度 297本
 •平成29年度 198本

 もし放置ボンベを発見した場合は、最寄りの消防署までご連絡ください。

 大阪府内では、毎年10月23日から29日までの7日間を「放置ボンベ撲滅週間」として設定しています。より多くの府民の皆様に放置ボンベの危険性を知っていただくとともに、放置ボンベをなくすためにより多くの目で確認していただけるよう広報活動を重点的に取り組んでいます。併せて、同期間中に「高圧ガス保安活動促進週間」として、高圧ガスを取り扱う事業所への立入検査などを実施します。

保安3法事務連携機構おおさか     大阪府から各市町村へ移譲された保安3法(高圧ガス保安法、液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律及び火薬類取締法の総称をいう。)に基づく事務を円滑かつ効率的に処理することを目的として設立したもので、府内の全消防本部で構成されているものです。(事務局:大阪市消防局) 

“放置ボンベ撲滅”マスコットキャラクター「りすボン」

放置ボンベ撲滅マスコットキャラクターりすボン

プロフィール
名前 【りすボン】
生年月日 【2月22日 永遠の1歳(人間でいうと20歳)】
性別 【オス】
出身 【機構おおさか】
性格 【放置ボンベを撲滅することに対する思いが強く、正義感に満ち溢れている。】
特技 【(1)腐食して見えなくなった高圧ガスのボンベの色を識別し、容器内のガスの種類を判別することができる。】
【(2)容器の所有者番号を全て記憶しており、即座に容器に表示された容器の所有者番号から所有者を割り出すことができる。】
弱点 【トレーニングを毎日しないと、ストレスが溜まり弱ってしまう。】
デザイン協力:HAL大阪

りすボンより

「初めまして!平成28年4月1日、保安3法事務連携機構おおさかにおいて “放置ボンベ撲滅”特命隊員として任命された“りす”の消防士だボン。」

「僕の任務は、大阪から放置ボンベを撲滅することだボン!大阪府内に放置されている、放置ボンベを回収したり、高圧ガスボンベを取り扱う消費・販売事業所等に対し、高圧ガスボンベの取り扱いや管理の徹底を指導しているボン。」

「また、高圧ガスボンベによる事故があった場合は、現場に急行し事故原因の究明及び再発防止対策の樹立を図るボン。」

「みんなー、放置ボンベを発見したら、僕に知らせるボン!!」

ボンベを持った横向きのりすぼん
ボンベを持って右手を挙げるりすぼん
ボンベを拾おうとするりすぼん
ボンベが破裂して驚くりすぼん

放置ボンベ撲滅マスコットキャラクター使用取扱要領について

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

放置ボンベが破裂!!

破裂したボンベ
 平成26年に、大阪市内の飲食店で高圧ガスボンベが破裂する事故が発生しました。営業時間外でしたのでけが人はありませんでしたが、天井に穴が開き、床が欠け、調理設備が破損するなど大きな被害を出しました。
 この飲食店では、食品酸化防止用に窒素ボンベを購入したのですが、長期間使用せずに放置していたために錆びが生じ、その部分が内部のガス圧力に耐え切れず破裂したと思われます。

府内ではこんな事故も

 平成25年には、大阪府内の事業所で高圧ガスボンベによる死亡事故も発生しています。

 事業所内に放置されていた酸素ボンベを処分しようと従業員がバルブに無理な力を加えたところ、バルブが吹き飛び酸素が一気に噴出。ロケットのように飛翔したボンベが約8メートル先にいた他の従業員を直撃したものです。

放置ボンベはありませんか?

高圧ガスボンベ

 

 高圧ガスボンベは製造業や医療現場などに欠かせないもので大変便利です。しかし、正しく取り扱わず、放置されて錆びが生じたり変形したりしたものは大きな事故を引き起こす恐れがあり大変危険です。

 ボンベが使用されている場所で気をつけていただきたいことの例を挙げます。

飲食店で

  • ビール用の炭酸ガスボンベ(緑色)
  • 酸化防止用の窒素ボンベ(ねずみ色)
  • 調理用のLPガスボンベ(ねずみ色)
  • いけす用の酸素ボンベ(黒色)

   ⇒使用せずに放置していませんか?水がかかって錆びていませんか?

空きテナントで

  • 退去した飲食店がボンベを置いたままにしていませんか?

工場で

  • 溶接用のアセチレンボンベ(褐色)や酸素ボンベ(黒色)

   ⇒いつからあるか分からない、誰が使っていたか分からないボンベはありませんか?

皆様のお宅で

  • 調理、湯沸かし用のLPガスボンベ(ねずみ色)
  • 在宅酸素療法用の酸素ボンベ

   ⇒使用しないボンベをベランダや押し入れの奥に置いたままにしていませんか?

  • 熱帯魚水槽での水草育成用の炭酸ガスボンベ(緑色)

   ⇒水がかかって錆びていませんか?

どうすればいいのか?

 このような高圧ガスボンベがある場合は、購入した販売店に返却するか、最寄りの消防署までご相談ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

消防局 予防部 規制課(保安)
電話: 06-4393-6266  ファックス: 06-4393-4580
住所: 〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号(3階)

メール送信フォーム