ページの先頭です
メニューの終端です。

マイルドHOPE(ほーぷ)ゾーン事業

[2012年8月1日]

※補助事業は平成27年度で終了しています。

マイルドHOPE(ほーぷ)ゾーン事業

 上町台地は大阪市の都心部に位置し、大都市ならではの利便性・文化性と長い都市居住の歴史を有するとともに、貴重な歴史的資源や豊かな緑などのアメニティ要素を備えています。また、こうした地域の特性をまちづくりに活かしていこうとするNPO等数多くのまちづくり団体が、さまざまな活動を展開しています。

 マイルドHOPE(ほーぷ)ゾーン事業は、この上町台地のうちJR大阪環状線の内側約900haを大阪市における都市居住のリーディングゾーン(マイルドHOPEゾーン)として位置付け、市民のみなさんと連携・協働して、居住地としての魅力情報の発信やまちづくり団体等の活動支援・ネットワーク化といった取り組みに加え、天王寺七坂・夕陽・緑などの地域資源あふれ、地域魅力を高めるポイントとなる四天王寺・夕陽丘エリア(約70ha)での修景整備を進めることにより、大阪の居住地イメージの向上と魅力ある都市居住の促進を図る事業です。

 


【事業位置図】




【事業区域詳細図】



※マイルドHOPEゾーンの「HOPE」は、「HOusing with Proper Environment」の略で、「地域固有の環境を活かした居住地づくり」を表しています。また、「HOPE」という言葉本来の「希望」という意味も込められています。

  現在大阪市では、平野郷地区をはじめとした6地区で、地元協議会と連携して建物の修景等を行う「HOPEゾーン事業」を実施しており、マイルドHOPEゾーン事業ではより広いエリアを対象として、魅力情報の発信やまちづくり活動支援などのソフト施策を中心とするマイルド(ゆるやか)な事業を展開しています。

具体的な取組

上町台地マイルドHOPEゾーン協議会の活動

マイルドHOPEゾーン事業を推進するため、地元まちづくり団体・社寺・学校・企業等からなる「上町台地マイルドHOPEゾーン協議会」の取り組みを支援しています。

そのために必要な経費の一部を大阪市が補助するとともに、交付金制度により効果的な広報等を実施しています。

上町台地の魅力の広域的な発信

協議会ホームページ別ウィンドウで開く

上町台地をより深く知っていただくため、協議会のホームページでは、マイルドHOPEゾーン事業や協議会活動の広報にとどまらず、自然・歴史・文化等も交えた上町台地の「住むまちとしての魅力」を随時発信しています。


別ウィンドウで開く

○オープン台地inOSAKA

「オープン台地 in  OSAKA」は、多くの市民等に上町台地のよさを直接体感していただける、協議会主催の「まちびらき」イベントです。

上町台地の建物をめぐるツアーや、日頃見ることのない建築や設計の仕事場の見学など、建築・空間・生活のオープンを切り口としたさまざまなプログラムにより、上町台地の多彩な魅力を一挙に紹介しています。


○プラッとCafe

協議会では、隔月の第3金曜日に毎回異なる場所で「出会い」、ゲストの話題提供で「学び」、参加者同士意見を交換して「楽しむ」、Caféでくつろぎ語り合うようなサロン企画「プラッとCafé」を開催しており、上町台地のまちの魅力を発信するとともに、まちづくり活動のネットワーク化を推進しています。


まちづくり活動の支援・地域資源の掘り起こし

 

協議会では、まちづくり活動を行う団体等からの魅力的な提案事業≪まちづくり提案事業≫、上町台地における自然や歴史、文化(アート含む)に関連した、新しい問題意識や斬新な切り口による調査研究≪調査研究事業≫を支援しています。


四天王寺・夕陽丘エリアのまちなみづくり

まちなみづくりの促進(まちなみ修景補助制度)

 

上町台地を代表するエリアである「四天王寺・夕陽丘エリア」において、協議会が中心となってとりまとめた「まちなみづくりの基本的な方針」(まちなみガイドライン)の実現をめざし、具体的なまちなみづくりを促進しています。

ガイドラインに沿ってエリア内の建築物の外観の改修・新築といった「修景」を行う場合、その工事費の一部を大阪市が補助します。(補助率3分の2以内かつ限度額以内)

ガイドライン・補助要件は下記のPDFをご参照ください。


【事業エリア図】


【まちなみ修景の事例】

四天王寺・夕陽丘エリア ガイドライン

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

四天王寺・夕陽丘エリア まちなみ修景補助要件

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

夕陽に映える、歴史のいきづくまちなみづくり

「四天王寺エリア」の中心となる四天王寺は、平安時代には西門の石鳥居が極楽浄土への入り口として信仰を集めました。

また、夕陽の名所として知られる「夕陽丘エリア」には、寺院や坂の形などにちなんだ名のついた天王寺七坂があり、現在でも寺町の風情の感じられる緑豊かな散歩道として地域の人に知られています。

このような歴史やまちなみの特性を踏まえ、
・四天王寺の参道にふさわしい、にぎわいと雰囲気づくり
・寺町の風情を生かした七坂のまちなみづくり
・「夕陽丘」の名にふさわしい、夕陽を眺める場づくり に取り組んでいます。


マイルドHOPEゾーン事業 要綱一覧

要綱一覧

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

HOPEゾーン事業・マイルドHOPEゾーン事業 要綱等一覧

このページの作成者・問合せ先

大阪市都市整備局企画部住環境整備課HOPEゾーン事業グループ

住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所6階)

電話: 06-6208-9631 ファックス: 06-6202-7064

メール送信フォーム

[ページの先頭へ戻る]