ページの先頭です
メニューの終端です。

地震のときは津波の危険!淀川河川敷には避難しないでください!

2021年1月27日

ページ番号:374927

 現在、大阪市では太子橋淀川左岸河川敷を、津波の危険がない場合の火災時に限定して、広域避難場所に指定しています。しかし、災害時は情報が入手しにくく、津波の有無の判断は難しいので、河川敷には避難しないでください。城北公園、常翔学園、今市中学校など、堤防の外側に避難するようにしてください。

 地震に対する日頃の備えに努めましょう!

その1 地域に配備している大型粉末消火器をお使いください!

大型粉末消火器の訓練風景

 旭区では、大型粉末消火器を配備しています。日頃から配備場所の確認をお願いします。大規模災害時はもちろんのこと、日常時の火災でも使える場合はお使いください。

 ・大型粉末消火器配備場所はこちら。(旭区地域防災マップ)

 ・大型粉末消火器の使用方法はこちら。

その2 地震後の通電による火災防止対策を行いましょう!

電気ソケットのイラスト

 地震による停電後、電気が復旧し、家屋内の断線箇所でのショートや使用中だった電気器具に電気が通じたことにより、「通電火災」が発生することがあります。避難する際は、必ず電気のブレーカーを切り、ガスの元栓を閉め、復旧時の二次災害に備えましょう。また、通電火災対策として、地震を感知すると自動的にブレーカーを落として電気を止める「感震ブレーカー」もあります。
 ※感震ブレーカーは、家電量販店などで販売しています。お住まいの住宅の分電盤の種類に応じた製品をお選びください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市旭区役所 市民協働課防災安全

〒535-8501 大阪市旭区大宮1丁目1番17号(旭区役所1階)

電話:06-6957-9007

ファックス:06-6952-3247

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示