ページの先頭です

年金生活者支援給付金

2019年9月2日

ページ番号:466974

概要・内容

年金を含めても所得が低い方の生活を支援するために、年金生活者支援給付金が年金に上乗せして支給されます。
消費税率が現行の8%から10%に引上げとなる2019年10月1日から施行されます。

・2019年4月1日時点で老齢・障がい・遺族基礎年金を受給している方
 年金生活者支援給付金を受け取れる方には、2019年9月頃に日本年金機構から案内が送付されます。
 届きましたら同封の請求書に氏名などを記入し速やかにご返送ください。
・2019年4月2日以降に老齢・障がい・遺族基礎年金の受給を始める方
 年金の裁定請求手続きを行う際に、あわせて年金生活者支援給付金の認定請求の手続きを行ってください。

初回の支払いは2019年12月中旬となります。

支給要件

老齢年金生活者支援給付金

給付金を受け取れる方は以下の全てを満たす方です。

 ・65歳以上の老齢基礎年金の受給者である
 ・同一世帯の全員が市町村民税非課税である
 ・前年の公的年金等の収入金額※とその他の所得との合計額が879,300円以下である

 ※ 障がい年金・遺族年金等の非課税収入は含まれません。

給付金額は、月額5,000円を基準に、保険料納付済期間等により変わります。

障がい年金生活者支援給付金

給付金を受け取れる方は以下の全てを満たす方です。

 ・障がい基礎年金の受給者である
 ・前年の所得(※1)が4,621,000円+扶養親族の数×38万円(※2)以下である

 ※1 障がい年金等の非課税収入は、給付金の判定に用いる所得には含まれません。
 ※2 扶養親族の数に応じて増額します。

給付金額は、障がい等級1級の方は月額6,250円、2級の方は月額5,000円です。

遺族年金生活者支援給付金

給付金を受け取れる方は以下の全てを満たす方です。

 ・遺族基礎年金の受給者である
 ・前年の所得(※1)が4,621,000円+扶養親族の数×38万円(※2)以下である

 ※1 遺族年金等の非課税収入は、給付金の判定に用いる所得には含まれません。
 ※2 扶養親族の数に応じて増額します。

給付金額は、月額5,000円です。
ただし、2人以上の子が遺族基礎年金を受給している場合は、5,000円を子の人数で割った金額がそれぞれに支給されます。

外部リンク

制度の概要やお手続きなどについては、下記ホームページをご参照ください。

 厚生労働省年金生活者支援給付金特設サイト別ウィンドウで開く

 日本年金機構ホームページ別ウィンドウで開く

日本年金機構からの案内

年金生活者支援給付金の案内

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

お問合せ先

年金生活者支援給付金ダイヤル:0570-05-4092(ナビダイヤル)

050から始まる電話でおかけになる場合は、電話:03-5539-2216

<受付時間>
 【月曜日※】
 午前8時30分〜午後7時00分
 【火曜日から金曜日】
 午前8時30分〜午後5時15分
 【第2土曜日】
 午前9時30分〜午後4時00分

 ※月曜日が祝日の場合は、翌開所日に午後7時00分まで

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

福祉局 生活福祉部 保険年金課 管理グループ
電話: 06-6208-7977 ファックス: 06-6202-4156
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

メール送信フォーム