ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

今福の道標(どうひょう)

2011年4月4日

ページ番号:743

名所・旧跡トップにもどる

 天保3年(1832年)3月に世話方6名により建立されました。
 元は、古堤街道(野崎街道)の四辻(今福南1丁目あたり)と呼ばれた交差点の東南角に建っていたもので、野崎詣等交通の要路であったことから道標が建てられたものと考えられます。
 また、安政6年(1859年)3月に今福村の大峰山登山人等の世話人によって上部に常夜灯が加えられました。道標には、「左り大坂道、右ハのさき ならいせ道、當村 山上講」と刻まれています。

場所:城東区今福南2丁目12番31号(皇大神宮内)

今福の道標の写真

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

城東区役所 総務課 総合企画グループ
電話: 06-6930-9937 ファックス: 06-6932-0979
住所: 〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所3階)

メール送信フォーム