ページの先頭です

新幹線鉄道騒音・振動について

2020年1月30日

ページ番号:490932

大阪市における新幹線鉄道騒音・振動調査

大阪市では、市内を走行する山陽新幹線及び東海道新幹線の沿線3地点において毎年調査を実施し、新幹線鉄道騒音の環境基準達成状況の把握を行い、併せて振動測定も行っています。

調査地点

東海道新幹線

1.東淀川区北江口4丁目:市域最東端に位置し、列車速度が最速となるため、騒音が大きくなりやすい。

山陽新幹線

2.淀川区加島1丁目:軌道が市域最大の曲線であるため騒音が大きくなりやすい。

3.淀川区加島4丁目:市域最西端に位置し、列車速度が最速となるため、騒音が大きくなりやすい。

大阪市内の新幹線走行部分と騒音・振動調査地点を表す地図

調査結果

  • 平成30年度は1地点で環境基準を達成していました。(環境基準値は70デシベル以下)
平成30年度(単位 デシベル)
番号調査地点調査日測定位置平均車両速度騒音レベル騒音の環境基準値振動レベル振動の指針値
1北江口4丁目5月22日上り側177km/h7570以下5970以下
2加島1丁目5月9日上り側112km/h7170以下4670以下
3加島4丁目5月17日上り側139km/h7070以下5370以下
  • 騒音は「新幹線鉄道騒音に係る環境基準について」(昭和50年環境庁告示46号及び昭和50年10月3日付け環大特100号)に定める測定・評価方法に基づき、連続して通過する20本の列車について、列車ごとの最大騒音レベルを測定し、上位半数をパワー平均した。
  • 振動は「環境保全上緊急を要する新幹線鉄道振動対策について(勧告)」(昭和51年3月12日付け環大特32号)に定める測定方法に基づき、連続して通過する20本の列車について、列車通過時の振動レベル最大値を測定し、上位半数を算術平均した。
  • 車両速度は最大騒音レベルが上位半数の列車について、その速度データを算術平均した。
騒音の経年変化(単位 デシベル)
番号調査地点平成27年度平成28年度平成29年度平成30年度
1北江口4丁目70706875
2加島1丁目70717171
3加島4丁目68716868
振動の経年変化(単位 デシベル)
番号調査地点平成27年度平成28年度平成29年度平成30年度
1北江口4丁目51585959
2加島1丁目48474846
3加島4丁目52525353

参考

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局環境管理部環境管理課交通騒音振動対策グループ

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルO’s棟南館5階

電話:06-6615-7941

ファックス:06-6615-7949

メール送信フォーム