ページの先頭です

令和4年度PFOS及びPFOAに係る地下水調査結果について

2023年4月20日

ページ番号:576337

令和2年度に環境省が実施した「有機フッ素化合物全国存在状況把握調査」において、大阪市内の地下水から、暫定的な目標値(注)を超過した有機フッ素化合物(PFOS及びPFOA)が検出されたことを受け、令和3年度から大阪市域における実態を把握するため地下水調査を実施しています。

令和4年度においては、令和3年度の調査で1リットルあたり1,000ナノグラムを超過した井戸及びその周辺に存在する井戸の地下水について調査した結果、3地点のすべてにおいてPFOSとPFOAの合算値が暫定的な目標値を超過しました。

また、市域における状況を把握するため、地下水概況調査に合わせ5地点において調査した結果、2地点(東淀川区大道南、浪速区元町)でPFOSとPFOAの合算値が暫定的な目標値を超過しました。

PFOSとPFOAの合算値が暫定的な目標値を超過した井戸については、井戸の所有者に対して井戸水を飲用しないよう指導するとともに、利用者に対しても飲用しないよう周知することを要請しています。また、当該井戸につきましては、引き続き調査を実施します。

(注)暫定的な目標値(指針値):PFOS及びPFOAの合算値で1リットルあたり50ナノグラム以下、ナノグラムは10億分の1グラムを示す単位です。

調査結果

令和4年度PFOS及びPFOA地下水調査結果
地点採取日1リットルあたりのPFOS及びPFOAの合算値
東淀川区南江口令和4年7月28日1,900ナノグラム(暫定的な目標値を超過)
東淀川区大桐A令和4年7月28日1,100ナノグラム(暫定的な目標値を超過)
東淀川区大桐B令和4年7月28日330ナノグラム(暫定的な目標値を超過)
東淀川区大道南令和5年2月14日580ナノグラム(暫定的な目標値を超過)
都島区都島本通令和5年2月8日検出下限値以下
浪速区元町令和5年2月8日79ナノグラム(暫定的な目標値を超過)
此花区島屋令和5年2月13日6ナノグラム
城東区中央令和5年2月14日19 ナノグラム

検出下限値:5ナノグラム

東淀川区大桐Bは、東淀川区大桐Aより南側にある井戸で、調査は今回が初めてとなります。

また、東淀川区大道南、都島区都島本通、浪速区元町、此花区島屋、城東区中央については、令和4年度地下水概況調査に合わせて採水を実施しています。

調査結果概要

  • 令和4年度において、東淀川区で初めて調査を実施した地点(大桐B及び大道南)については、令和2年度からの継続調査となる2地点(南江口、大桐A)より濃度は低いもののPFOA濃度の占める割合が類似していることから、PFOAを製造していた事業者(摂津市内)の影響を受けているものと考えられます。

  • 一方、令和4年度における東淀川区以外の調査では、暫定的な目標値を超過した1地点(浪速区元町)については、調査結果の特徴が東淀川区の4地点と異なることから、PFOAを製造していた事業者(摂津市内)によるものではないと考えられるため、引き続き原因調査等を実施します。

 

今後の対応について

大阪市では、PFOSとPFOAの合算値が暫定的な目標値を超過した井戸については、井戸の所有者に対して井戸水を飲用しないよう指導するとともに、利用者に対しても飲用しないよう周知することを要請しています。また、当該井戸につきましては、引き続き地下水調査を実施します。

東淀川区の有機フッ素化合物による地下水汚染の原因事業者が摂津市内にあることから、周辺環境(地下水や水路)の監視や事業所の対策の状況について、規制指導を所管する大阪府と連携して対応していきます。

また、市域における状況把握に係る地下水調査についても、引き続き実施していきます。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • Xでポストする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声へお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局環境管理部環境管理課水環境保全グループ

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルO’s棟南館5階

電話:06-6615-7984

ファックス:06-6615-7949

メール送信フォーム