ページの先頭です

ペットが死亡した場合の手続き

2019年4月22日

ページ番号:371535

【ペットが死亡した場合の手続き】

飼い犬が死亡したら、すみやかに届け出てください。狂犬病予防法に基づき、死亡届の提出が必要です。

(遺体の引き取りにつきましては、お住まいの区を管轄する環境事業センターへご相談ください。(「ペットなどが死んだ場合の引き取り」を参照))

【対象者】

対象となる犬の飼い主の方

【届出期日・届出窓口】

飼い犬が死亡してから30日以内に、各区保健福祉センターへ届け出していただく必要があります。窓口のほか、郵送、電話による受付も行っております。
届け出の際、鑑札及び注射済票(届出当該年度のみ)を返却していただく必要があります。なお、鑑札及び注射済票を紛失してしまっている場合には、その旨を担当者にお伝えください。

【必要なもの】

  1. 犬の死亡・所在地等変更届(書類は各区保健福祉センター窓口にもあります。)
  2. 飼い犬の鑑札
  3. 飼い犬の注射済票(届出当該年度分のみ)

犬の死亡・所在地等変更届

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

死亡届に係る手数料

無料

【お問合せ】

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局健康推進部生活衛生課乳肉衛生・動物管理グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9996

ファックス:06-6232-0364

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示