ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症にかかる療養期間証明書について

2022年5月9日

ページ番号:560672

My HER-SYSによる療養証明書の表示について

本市で宿泊療養又は自宅療養の療養期間証明書を発行する場合、現在、多数のお申込みを頂戴しており、発行まで2ヵ月の期間を要する場合がございます。

今般、療養期間中に健康状態の入力等をしていただいた厚生労働省所管の「My HER-SYS」(新型コロナウイルス感染症等情報把握・管理支援システム)で、宿泊療養又は自宅療養証明書を表示できるようになりました。

「My HER-SYS」を使用すれば、速やかに宿泊療養又は自宅療養証明書を表示できます。

このため、本市では「My HER-SYS」による療養証明書のご利用をお勧めしています。

この「My HER-SYS」での療養証明書は、生命保険協会又は日本損害保険協会に加盟の保険会社への保険金請求に利用できると厚生労働省から示されています。

保険会社への提出方法等は、保険会社によって取り扱いが異なるため、各保険会社へお問い合わせください。厚生労働省及び保健所では提出方法は把握しておりません。

詳しくは、厚生労働省のホームページに掲載されている次のリンク先で確認ください。

なお、次の方は、引き続き、本市にて紙の療養期間証明書を発行いたします。

  • 「My HER-SYS」で療養証明書を画面表示できない方
  • 入院療養の証明書を発行希望の方
  • 療養期間が10日を超える方(厚生労働省の療養解除基準に準じた期間を超える方)
  • みなし陽性の方(検査を実施せずに医療機関により新型コロナウイルス感染症と診断を受けた方)

本市の療養期間証明書の発行について

【発行依頼の方法】

  • 大阪市新型コロナウイルス感染症 一般相談センター (0120-911-585 )へお問い合わせください。
  • 電話にて依頼を受け付けています。発症日(無症状の場合、検体採取日)や療養期間、診断を受けた医療機関名等をお聞きしますので、お問い合わせの前にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 原則本人からご依頼ください。(親権者のぞく)
  • 全日 8時~22時 に開設しています。
  • 療養終了後にお申込みください。
  • 令和4年5月9日以降、お住まいの区保健福祉センターでは受付を行っておりません。ご注意ください。
  • 証明書の早期発行にむけまして、発行めどのお問い合わせにつきましては、可能な限り、ご遠慮いただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。

濃厚接触者として自宅等に待機していた方等、医療機関の診断がなく、自主的な療養(待機)は、本証明書の対象とはなりません。

【証明書の送付】

  • お住まいの区保健福祉センター等から郵送で送付いたします。
  • 発行された療養期間証明書のお問い合わせは、発行元である お住いの区保健福祉センター等へお問い合わせください。

【療養期間証明書記載事項】

令和4年5月9日以降に発行する療養期間証明書について、宿泊療養又は自宅療養の方には「宿泊・自宅療養期間証明書」を、入院療養の方には「入院療養期間証明書」を発行します。 主に下記の事項が記載されています。なお、発行手数料は無料です。

  • 氏名・生年月日
  • 傷病名
  • 療養開始日(※1)
  • 療養終了日(※2)

※1 宿泊・自宅療養期間証明書は、原則、発生届記載の新型コロナウイルス感染症の診断日となります。入院療養期間証明書は、原則、入院勧告日になります。

※2 宿泊・自宅療養期間証明書は、療養の期間が10日以内の場合、記載を省略しています。入院療養期間証明書は、原則、医療機関から報告のあった退院日になります。

療養期間証明書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

令和4年5月8日以前に療養期間証明書の発行を受けた方へ

令和4年5月8日以前、本市では療養期間証明書に記載する療養開始日については、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づく自宅療養・宿泊療養の協力依頼の日(発生届を本市が医療機関から収受した日)としてまいりました。

厚生労働省の事務連絡別ウィンドウで開くにおいて、宿泊療養又は自宅療養となった方々がご自身で宿泊療養又は自宅療養の開始日の証明書を準備できるよう、「My HER-SYS」において、新型コロナウイルス感染症の「診断年月日」を表示・証明する機能を搭載する旨とあわせて、紙の宿泊・自宅療養証明書(新様式)が示されました。

これに伴いまして、令和4年5月9日以降、本市で発行いたします宿泊・自宅療養期間証明書の療養開始日は、原則、発生届記載の「診断年月日」とし、あわせて、本市の様式の変更を行いました。なお、令和4年5月8日以前に発行している療養期間証明書の「3.発生届の内容等」の欄にも、発生届に記載の診断日は記載しております。

令和4年5月8日以前発行の、療養期間証明書をお受け取りになった方(入院療養の方や療養期間が10日を超え入院療養を経て宿泊療養又は自宅療養になった方は除く)で、療養開始日が診断日記載の証明書をご入用の場合、「My HER-SYS」での療養証明書をご利用されるか、新たに、本市の宿泊・自宅療養期間証明書の発行を希望される場合は、「大阪市新型コロナウイルス感染症 一般相談センター」へご連絡いただきますうお願いいたします。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

健康局 大阪市保健所 感染症対策課 新型コロナウイルス感染症対策グループ
住所: 〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1000号(あべのメディックス4階)
電話:06-6647-0797

このページへの別ルート

表示