ページの先頭です

道頓堀川について

2021年11月24日

ページ番号:10856

道頓堀川について

 道頓堀川は、東横堀川と木津川を結ぶ、延長約2.7キロメートル、流域面積(降った雨が川に流れ込む範囲)約4キロ平方メートルの一級河川です。川の幅は、ほぼ中央に位置する大黒橋を境に東西で変化し、道頓堀西部区間が約50メートル、道頓堀東部区間が約30メートルになります。

道頓堀川位置図


 道頓堀川では、戎橋周辺の水面に映る美しいネオンの光や、湊町リバープレイス・大阪ドームなどの近代建築を背景とした風景が見られるほか、天神祭や歌舞伎の船乗り込みが行われる時には、川面一面を船が彩り、賑わいのある水の都・大阪の風景を感じることができます。

道頓堀川の風景

道頓堀川界隈のおいたち

 道頓堀川は、元和元年(1615)に完成した堀川です。この開削に伴って、この道頓堀川の周辺では、歌舞伎の中座などの芝居小屋が集積し、劇場の街として栄えました。明治の中頃まで、観劇には屋形船や茶船を利用していたそうです。
 昭和25年(1950)のジェーン台風で大阪の街が大きな被害を受けたことから、高潮対策事業として、大黒橋周辺から木津川までの区間に防潮護岸が整備されました。
 昭和42年(1967)には、汚濁対策と高潮防御を目的として、大黒橋上流の両岸に舟型の新護岸の整備が行われました。
 その後、水質浄化や環境整備を目的として、昭和54年(1979)にエアレーション(噴水)、平成元年に戎橋下流部にウォーターカーテンが設置されました。


道頓堀川界隅のおいたち

パンフレット

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路河川部河川課

住所:〒559-0034大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6階

電話:06-6615-6833

ファックス:06-6615-6583

メール送信フォーム