ページの先頭です

幸西橋(こうさいばし)

2018年4月3日

ページ番号:25901

諸元・アクセス

幸西橋写真

橋長:52.73m
幅員:20.00m
形式:桁橋
完成:昭和45年
行政区:西区、浪速区
河川名:道頓堀川
アクセス:OsakaMetro千日前線 桜川駅 
      2番出口 およそ100m 徒歩2分
      大阪シティバス「地下鉄桜川」「幸町一丁目」

歴史・文化

 西道頓堀川の橋は、木津川の川口に近いことから津波の被害を受けやすかった。宝永4年(1707)の地震による津波は市内の橋31橋を破壊した。このとき、道頓堀川筋の被害も大きく、日本橋より下流の橋はことごとく落橋したという。また嘉永7年(1854)の津波でも西道頓堀川の橋は4橋とも押し流された。それが大黒橋に堰き止められた形となり、周辺の民家に大きな被害を与えることとなった。

 明治末まで変化は無かったが、市電の敷設事業によって西道頓堀に2橋が増えた。西道頓堀川合流点のすぐ西側に深里橋が、南北線の開通と共に明治41年完成した。橋長54.5m、幅員は15.5mと一挙に拡がり、上部工は鋼鈑桁より成っていた。また堂島大橋から南へ到達する路線に幸西橋が大正8年に架けられている。

 昭和45年、橋長52.7メートル、幅員20メートルの三径間連続の非合成桁橋に架け替えされた。

 

橋名一覧 広域地図 市街地図 橋のお知らせ 橋のメニュー

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部橋梁課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06‐6615‐6818

ファックス:06-6615‐6582

メール送信フォーム