ページの先頭です

行基大橋(ぎょうきおおはし)

2016年12月26日

ページ番号:26510

諸元・アクセス

行基大橋写真

橋長:208.00m
幅員:20.50m
形式:桁橋(連続桁)
完成:昭和53年
行政区:東住吉区
河川名:大和川
アクセス:近鉄南大阪線 矢田駅 
      およそ1,400m 徒歩23分
      大阪シティバス「矢田行基大橋」

歴史・文化

 大和川への架橋のうねりは昭和40年代以降にやってくる。戦後の新しい都市計画道路の整備と高速道路の出現によって大和川には大規模な橋梁が次々に架設された。戦後大阪府下に三大環状線が計画され、いずれにも大和川を渡る橋を必要とした。

 大阪市と堺方面を結ぶ都市計画道路によって橋が架けられている。大阪狭山線(都市計画道路豊里矢田線)の行基大橋が昭和53年に完成している。橋長208.0m、幅員20.5mの規模を持ち、戦後の桁橋技術の発達を象徴するように連続の合成桁が用いられている。

 

橋名一覧 広域地図 市街地図 橋のお知らせ 橋のメニュー

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部橋梁課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06‐6615‐6818

ファックス:06-6615‐6582

メール送信フォーム