ページの先頭です

花博記念公園鶴見緑地紹介

2020年11月18日

ページ番号:104194

「鶴見緑地」は1972年(昭和47年)4月1日に広域公園として開園しました。
その後も施設の整備を続け、1990年(平成2年)には「国際花と緑の博覧会」の会場となりました。博覧会終了後には公園施設の再整備や新規開設を進め、現在では博覧会の略称である「花博」を冠した「花博記念公園鶴見緑地」の呼称で、四季折々の草花と自然を満喫できる都市公園として、広く利用者に親しまれています。

2014年(平成27年)4月1日から、公園全体に指定管理者制度を導入し、2020年(令和2年)4月1日からは、現在の指定管理者である「鶴見緑地スマイルパートナーズ」が管理を行っています。

鶴見緑地の季節の花々や施設などについては、指定管理者が開設しているこちらのホームページ別ウィンドウで開く(外部)をご覧ください。

鶴見緑地に関するお問い合わせ先

鶴見緑地パークセンター(指定管理者の設置している管理事務所) 営業時間 9:00~17:30 年末年始は休業

電話:06-6911-8787 FAX:06-6911-8714

施設のご案内(リンク先のホームページをご覧ください)

・公園(建設局所管、指定管理制度導入施設)

     ○総合案内(施設全般)別ウィンドウで開く

     ○山のエリア別ウィンドウで開く

     ○国際庭園別ウィンドウで開く

     ○バーベキュー場、キャンプ場別ウィンドウで開く

     ○パークゴルフ場別ウィンドウで開く

     ○咲くやこの花館別ウィンドウで開く

     ○乗馬苑別ウィンドウで開く

     ○ハナミズキホール別ウィンドウで開く

     ○花博記念ホール別ウィンドウで開く

     ○むらさき亭(茶室)別ウィンドウで開く

・公園施設(建設局所管、民間事業者導入施設)

     ○フットサル場別ウィンドウで開く

     ○ドッグラン別ウィンドウで開く

     ○あそび創造広場別ウィンドウで開く

     ○迎賓館別ウィンドウで開く

     ○スポーツ&健康増進施設別ウィンドウで開く

・スポーツ施設(経済戦略局所管、指定管理者導入施設)

     ○鶴見緑地球技場

     ○鶴見緑地運動場

     ○鶴見緑地第2運動場

     ○鶴見緑地庭球場

     ○鶴見緑地プール

     ○鶴見スポーツセンター

・その他(園内施設及び周辺施設)

     ○自然体験観察園

     ○いのちの塔会員コーナー

     ○公益財団法人 国際花と緑の博覧会記念協会別ウィンドウで開く

     ○国連環境計画(UNEP) 国際環境技術センター別ウィンドウで開く

「国際花と緑の博覧会」開催当時の国際庭園

「国際花と緑の博覧会」の会場面積は約140ヘクタールであり、全体は大きく「山のエリア」「野原のエリア」「街のエリア」に3区分されました。これらの中に、国際庭園やテーマ庭園をはじめ、花の谷・花桟敷、広場、国際展示館や政府苑、その他展示館などのさまざまな施設が配置され、会場全体がひとつのパビリオンとして仕上げられました。

国際庭園の展示場は、会場中央の「いのちの海(現在の大池)」北側にある「山のエリア」一帯に設けられ、その規模は概ね1区画300平方メートルから2,000平方メートルとなっています。

「国際花と緑の博覧会」当時の各庭園の風景や紹介については、こちらのホームページよりご覧ください。

バラ園南側エリアをリニューアルしました

バラ園南側エリアをリニューアルいたしました。

詳しくは鶴見緑地(指定管理者:鶴見緑地スマイルパートナーズ)のホームページをご覧ください。

https://www.tsurumi-ryokuchi.jp/news/11563別ウィンドウで開く

探している情報が見つからない